オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

オフィスティーサーバー・給茶機レンタルランキング!

第1位 ダイオーズ
業界唯一「ピュアウォーター」対応のティーサーバー
私が今回のランキングで1位に選ばせていただいたのは、「株式会社ダイオーズ」さんです。

株式会社ダイオーズは1969年創業の、オフィスコーヒーサービス事業におけるパイオニアと言える企業です。

現在ではコーヒーのほかにも、ティーサーバーやウォーターサーバーといった飲料サービスをはじめ、オフィスの清掃やメンテナンス、観葉植物のレンタル、害虫やネズミの駆除といった、オフィス環境の改善・向上にかかわるトータルオフィスサービスを提供しています。

また、CSR活動の一環として、大学生・大学院生への奨学金給付や大学・研究機関への助成を行う「公益財団法人ダイオーズ記念財団」を設立しています。

さらには、中国、台湾、韓国、マレーシア、シンガポール、アメリカにも拠点を置くグローバル企業でもあります。

ダイオーズのティーサーバーには、ボトルタイプとタンクタイプの2種類があります。

大きさはどちらも、高さ1173× 幅340× 奥行き430(mm)となっています。

ポイント①
業界初の「ピュアウォーター」対応
ポイント②
ボトルタイプとタンクタイプが選べる
ポイント③
ボトルタイプのティーサーバーはダイオーズだけ
ポイント④
お得なキャンペーンや割引がある
電話番号
お問い合わせフォーム
自動販売機専業オペレーターNO.1企業
2位に選ばせていただいたのは、「株式会社ジャパンビバレッジホールディングス」さんです。

株式会社ジャパンビバレッジホールディングスは創業60周年を迎える企業で、自動販売機のオペレーター業務を中心に、コーヒーサーバー、ティーサーバーのレンタルを行っています。

浜口京子選手や川井梨紗子選手などが所属するレスリング部も有名ですよね。

レスリング部は1970年代に創部。

ソウルオリンピック金メダリストの小林孝至選手、世界選手権3大会連続銀メダリストの星川君枝選手も所属した名門です。

実業団対抗戦では、1979年から計13度も団体優勝しています。

強いですね! これは完全に個人的な経験ですが、私の会社を担当してくれたジャパンビバレッジの方はとても丁寧で感じのいい方でした

今回無料キャンペーンで利用させてもらったティーサーバーもとても優良な製品だと感じたため、ランキングでは2位とさせていただきました。

ティーサーバーはオリジナル製品と他社製品それぞれ2種類ずつ展開しており、オリジナル製品の大きさはどちらも、幅450×奥行き540×高さ1,570(mm)、他社製品は幅450×奥行き500×高さ1500(mm)と幅450×奥行き591×高さ1575(mm)になっています。

給水方式に関しては、オリジナル製品は基本的にカセット給水タイプで、オプションで水道直結タイプも選べるようになっており、他社製品はカセット給水タイプとなっています。

ポイント①
機能性の高いティーサーバー
ポイント②
濃さや温度の調節ができ、飲み物の種類が豊富
ポイント③
アフターサービスも充実
ポイント④
環境への取り組み
電話番号
番号記載なし
お問い合わせフォーム
環境問題への意識が高い企業
3位に選ばせていただいたのは、「株式会社ユニマットライフ」さんです。

株式会社ユニマットライフは1958年創業の企業で、全国に100を超える拠点を持っており、ドリンクサーバー契約台数は約25万台、オフィスコーヒーサービス市場ではシェア54.7%で、業界トップシェアを誇っています

コーヒーサーバーやティーサーバーと言った飲料サービスや、弁当販売やケータリングと言ったフードサービスをはじめ、オフィス用マットやモップなどの環境美化用品のレンタル、プリンターなどのオフィス機器や什器のレンタル、オフィスのリノベーションやメンテナンス、調剤薬局や介護付きホテルの運営など、オフィスをメインとした幅広いサービスを提供しています。

後述しますが、環境問題への意識が高い企業でもあり、その一環としてリサイクルトナーの販売や使用済みトナーの回収と言った事業も行っています。

ユニマットライフのティーサーバーはオリジナル製品を2種類、他社製品を2種類の合計4種類を取り扱っています。

オリジナル製品の大きさは従来品が幅450×奥行500×高さ1,430(卓上型は780)(mm)で、最新式のほうが奥行が10cmほど大きくなっています(510mm)。

他社製品の大きさは、幅450×奥行き500×高さ1450(卓上型は795)(mm)のものと幅450×奥行515×高さ1,530(卓上型は880)(mm)のものとなっています。

給水方式に関しては、どの製品も水道直結タイプとカセット給水タイプ両方の取り扱いがあります。

ポイント①
エコで衛生的なティーサーバー
ポイント②
他社製品も、環境にやさしい優良ティーサーバー
ポイント③
便利なデイリーメンテナンスサービス
ポイント④
環境への取り組み
電話番号
お問い合わせフォーム
茶葉にこだわる「給茶サービス」のパイオニア企業
4位に選ばせていただいたのは、「エームサービス株式会社」さんです。

エームサービス株式会社は三井グループ企業と米国アラマーク社の合弁企業として1976年に設立された、給茶サービスのパイオニアと言える企業です。

ティーサーバーやコーヒーサーバー、ウォーターサーバーと言ったオフィス飲料サービスを中心に、オフィス内カフェやコンビニの運営などを展開しています。

ティーサーバーのオリジナル製品としては「銘茶フレッシュeco」があり、大きさは幅450×奥行515×高さ1430(mm)となっています。

それ以外にも、3社の他社製品も取り扱っています

大きさはそれぞれ、「ホシザキ電機製」が幅450×奥行527×高さ1465(mm)のものと 幅450×奥行560×高さ1715(mm)の2種類、「ヤマミズ製」が幅450×奥行500×高さ1450(mm)のものと幅450×奥行570×高さ1500(mm)の2種類、「鳳商事製」が幅450×奥行515×高さ1530(mm)のものと幅450×奥行515×高さ880(置台含1,530)(mm)のものと幅340×奥行445×高さ(置台含1,250)650(mm)の3種類となっています。

給水方式に関しては、ホシザキ電機製のポットどりタイプのものは水道直結タイプのみ、それ以外はどの製品も、水道直結タイプとカセット給水タイプが選べます。

ポイント①
淹れたての美味しいお茶が飲める
ポイント②
粉末ドリンクにも強いこだわり
ポイント③
選べる導入方法
ポイント④
メンテナンスに関して
電話番号
お問い合わせフォーム
第5位 FVジャパン
コカ・コーラのグループ企業で、発足間もない新しい企業
今回おしくも5位とさせていただいたのは、「FVジャパン株式会社」さんです。

コカ・コーラボトラーズジャパン傘下の子会社8社(エフ・ヴィセントラル株式会社、三国フーズ株式会社、アーバン ベンディックス ネットワーク株式会社、株式会社ウエックス東京、フレッシュ・ベンダー・サービス株式会社、EX-サービス株式会社、TXキャンパス株式会社、日東パシフィックベンディング株式会社)を統合し、2015年にFVイーストジャパン株式会社が発足しました。

そこからさらに西日本ビバレッジ株式会社、四国キャンティーン株式会社、株式会社ウェックス、株式会社エフ・ヴイ・コーポレーションを吸収し、2018年にFVジャパン株式会社としてスタートした、まだ新しい企業です。

現在は、自動販売機事業、オフィスコーヒー事業、OEM事業を提供しています。

FVジャパンのティーサーバーは、オリジナル製品の取り扱いはなく、他社製品を2種類展開しています。

大きさは、幅450×奥行515×高さ880(mm)のものと幅450×奥行515×高さ1,530(mm)のものがあります。

給水方式はどちらも水道直結タイプとなっています。

ポイント①
ティーサーバーよりコーヒーサーバーがメインの印象
ポイント②
HPからはあまり情報が得られない
ポイント③
今後の成長に期待
ポイント④
そもそも「経営統合」って?
電話番号
番号記載なし
お問い合わせフォーム

よく読まれている記事

レンタルティーサーバーの比較ランキングを作成しました


当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まずは作成者である私のことについて簡単にご紹介します。

私は東京都内の某企業に勤める40代の男です。

少し前に会社でティーサーバー(給茶機)を導入することになりその担当になったのですが、予想以上にティーサーバーを取り扱う業者が多く、その選定には苦労しました。

その時に色々な業者のティーサーバーの特徴についてまとめたのですが、せっかくならこの情報を多くの人に役立ててもらいたいと思い、このサイトを作成するに至りました。

ティーサーバーの導入を検討することになったら、どんな点に注目して各社比較すればよいかお分かりでしょうか。

導入方法(レンタルなのか、リースなのか、買い取りなのか)や費用、アフターサービスや定期メンテナンス(有料なのか無料なのか)、給水方法(カセット給水タイプなのか、水道直結タイプなのか)、一台に何種類の飲料をセットできるのか、選べるお茶にはどんな商品があるのか(味は美味しいか、粉末タイプなのか茶葉タイプなのか)、お湯や冷水のみの使用もできるのか、使用する水の品質(浄水器やフィルターの性能)、使い勝手(大きさやデザイン)、など、考えなければいけないポイントは多岐にわたります

このサイトでは、上記のようなポイントを各業者ごとにまとめ、ランキング形式で紹介しています。

私と同じようにティーサーバー業者選びに迷っている方の参考になれば幸いです。

もちろん、このランキングはあくまでも私個人の主観ですので、ぜひ各社のお試しキャンペーンなどを利用し、味や使い勝手を確かめてみてほしいと思います。

おすすめのレンタルティーサーバー情報一覧

ここで本サイトのおすすめレンタルティーサーバー比較ランキングの情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、一度おさらいしてみましょう。

それぞれ人気のティーサーバーで、オフィスレンタルにも評判なので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各レンタルティーサーバーの詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名ダイオーズジャパンビバレッジユニマットライフエームサービス(Cafeside)FVジャパン
魅力シンプル設計で組み立て・お手入れ簡単9アイテムから3種類選んでセッティング!消費電力を制御する最新の省エネ機能を搭載しており、49%の省エネを実現!水量や温度、味の濃さなどを専用コントローラーにて細かく調整可能!パウダー茶の種類が26種類もあるため、季節や好みに合わせて楽しめる!サーバー本体に除菌浄水器が標準装備されていることで、常に清潔で衛生的!
サーバータイプボトルタイプ
・タンクタイプ
・タンクタイプ・タンクタイプ・タンクタイプ・タンクタイプ
買取/レンタル記載なし
メンテナンス定期訪問・無料点検月1回の定期訪問デイリーメンテナンスサービス(有料)故障時は24時間以内に無償で対応無料で対応
拠点数全国80ヶ所全国140ヶ所全国105ヶ所全国16ヶ所記載なし
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

私のおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

また、おすすめのレンタルティーサーバーとして、展開する製品に様々なこだわりがあるのは大前提ですが、味やアフターサービスにも違いが見えるので、会社の希望や理想にあったサービスを選びましょう。

ダイオーズをランキング1位に選んだ理由

今回私がランキング1位にダイオーズを選んだ理由は、ティーサーバーに使用される水にまで徹底したこだわりを持っていたからです。

水はティーサーバーの味を決める上での重要な要素です。

肝心な味に満足できないようでは、せっかくレンタルサーバーの導入を行ったにも関わらず誰も飲んでくれないという事態にもなりかねません。

そうような事態を迎えてしまっては、本来の目的を果たしているとは到底言い難いですよね。

水の品質や安全にこだわりのあるダイオーズのティーサーバーを導入すれば、社内の皆さんが満足して利用し続けてくれることでしょう。

また、お茶やジュースを飲みたい方以外にも、純粋に美味しい水を飲みたいと思っている方の割合は少なくはありません。

「飲み物」と「美味しい水」、一つのサーバーで2つのニーズを満たすことができるのもダイオーズのサーバーの優れた点かと思います。

ティーサーバーを導入するメリット

このサイトをご覧になっている方の多くは、すでにオフィスでティーサーバーの導入を決めていて、どこの業者に依頼するか迷っている段階という方だと思いますが、まだティーサーバーを導入するかどうか決めかねているという方もいらっしゃると思います。

そこで、そんな方々のために、ティーサーバーを導入するメリットを紹介したいと思います。

まずは、従業員の満足度向上が挙げられます。

実際私の勤める会社でも、社員のやる気アップや満足度向上のためにはどうすればよいか、という議論がきっかけで、ティーサーバーの導入という結論に至りました。

たかがティーサーバーと思われる方もいるかもしれませんが、ティーサーバーの導入というのは、立派な福利厚生のひとつです。

新卒・中途採用のみならず、アルバイト・パート採用に際しても、福利厚生の充実は応募者の企業選びのポイントのひとつにもなりますし、現在働いている人材の離職防止にも繋がります。

従業員の満足度がアップすれば当然モチベーションもアップしますから、結果的に会社にとってはプラスとなるのです。

ほかにも来客の多い会社では、従業員が毎回急須でお茶を入れるのでは手間がかかりますから、その手間の削減もメリットのひとつと言えるでしょう。

さらに手間だけではなく、原料代や人件費も、お茶汲みに比べて大幅にコストカットができるんです。

そして、飲料1杯あたりの値段が安いということも挙げられます。

ティーサーバーで飲むお茶は、1杯当たり2円から高くても10円未満です。

もし、100円から150円のコンビニコーヒーやペットボトルのお茶を毎日購入している方が、飲むものをすべてティーサーバーに切り替えたとしたら、1ヶ月で3000円近く出費を抑えられることになります。

では、デメリットは?

ティーサーバー導入のデメリットについても触れておかなければいけませんね。

まず、利用するには当然コストがかかります。

レンタルなのかリースなのか、自分の会社ではどんな導入方法が一番コストがかからないのかを、複数の業者に見積もりを依頼して比較してみてください。

たくさん飲めば飲むほどコストが上がりますから、会社が全額負担するのであれば、何人くらいの従業員が利用するのか、一人何杯くらい利用するのか、そう言った想定もしておかなければなりません。

サーバーそのものの費用よりも、消耗品やランニングコストのほうが負担になる場合が多いです。

次に、スペースの確保が必要と言うことです。

もし広いスペースを確保できそうにない場合は、卓上タイプのものがおすすめですが、それを置く場所も必要になってきます。

コップなどの付属品を収納できる省スペースなティーサーバーも多いですが、場合によっては、それらを置くカフェコーナーを作る必要があるかもしれません

また、カセット給水タイプなどのティーサーバーであれば電源を確保できる場所ならどこでも設置できますが、水道直結タイプのティーサーバーの場合は、水道の近くでないと設置できませんし、工事をする必要があります。

どんなタイプのティーサーバーが自分のオフィスにはふさわしいのか、担当者に相談してみましょう。

また、毎日掃除しなければならないということも、デメリットと言えます。

きちんと掃除しなければ詰まってしまうので、その掃除の手間が負担に感じるかもしれません。

コーヒーサーバーではなくティーサーバーを選ぶ理由


このサイトをご覧になっている方の中には、ティーサーバーではなくコーヒーサーバーを検討している方もいらっしゃるかもしれませんが、カフェインの過剰摂取を防げるという点でも、私はティーサーバーをおすすめします。

健康な成人が一日に摂取していいカフェイン量の目安は400mgであり、妊婦さんであれば200~300mgと言われます。

コーヒー1杯に含まれるカフェイン量は90mgですが、紅茶は45mg、煎茶・ほうじ茶・烏龍茶は30mg、玄米茶は15mg、麦茶やルイボスティーであれば0mgです(すべて1杯150mlとした場合の目安/参考:食品安全委員会データ)。

コーヒーサーバーでは当然ながら、コーヒーしか飲めません。

無料、または安い値段で飲めるからと言って何杯もコーヒーを飲んでしまったら、あっという間にカフェインを過剰摂取してしまいます。

その点ティーサーバーであれば、カフェイン量の少ない(または全くない)飲料を飲むことができるため、過剰摂取を防止することができます。

エナジードリンクや栄養ドリンク、ダークチョコレートなどにもカフェインは含まれていますから、気づかないうちにカフェインを多量摂取してしまっているという方は意外と多いのです。

コーヒーサーバーももちろん喜ばれるでしょうが、従業員の健康を考えたら、ティーサーバーを選ぶべきだと私は考えます。

長期間ティーサーバーを使用しない時の対応方法は?

今回のランキングでは5社のティーサーバー業者をご紹介してきましたが、無事にティーサーバーを導入できたとして、ゴールデンウィークや夏期休暇、年末年始などの長期連休の際、ティーサーバーのお手入れはどのようにすればよいでしょうか。

毎日のお手入れ方法については気にされる方が多いのですが、長期休みの時のことまではなかなか考えが及ばないかと思います。

一例ではありますが、分かりやすく説明されたものがありますので、これからティーサーバーを導入される予定の方は参考にしてみてください。

(参考:鳳商事HP)

休み前
1電源スイッチをOFFにしてコンセントから電源コードを抜きます。

2湯タンクの水を排水してください、IBC方式以外の給茶機は冷水タンクの水も排水してください。

3原料容器に入っている原料を他の容器に移し涼しい場所で保管してください、原料は湿気にならないように保管してください。

4各部品を取り外しきれいに清掃してください。

5下部給水式は水を抜き、排水タンクの廃液は必ず捨ててください。

休み明け
1洗っておいた部品をセットします。

2水を給水します。

3原料を入れます。

4コンセントに電源コードをさし、電源スイッチをONにします。

5お湯が沸きあがり、冷水が冷えるまでに約1時間~1時間30分近くかかります。

6使用出来るようになったらお茶のボタンを数回押してください、原料入れたては薄い飲料が出ることがあります。

ユニマットライフ、エームサービス、FVジャパンでは鳳商事製のティーサーバーの取り扱いがありますので、参考にしてみてください。

それ以外の業者の製品もほぼ同様ではありますが、長期休み中のティーサーバーの対応方法についてはあらかじめ担当者に確認しておくようにしましょう。

まとめ


業者を問わず言えることは、どこもHP上には具体的な価格が書いていないと言うことです。

それはティーサーバーを導入したいというオフィスの個々の状況やティーサーバーの種類、どんなオプションを付けるか付けないかなどによって、価格が変動するからでしょう。

レンタルがいいのか、リースがいいのか、買い取りがいいのかといった導入方法の違いも、オフィスの規模や利用状況によって異なりますので、複数の業者に見積もりを依頼して、自分のオフィスではどのサーバーが最適であるかを担当者に確認してみてください。

どの業者のティーサーバーが使いやすいか、味が美味しいか、というのも、結局は個人の好みになってしまいますし、製品自体も優劣つけがたいですから、最終的には、担当者の対応の丁寧さだったり、対応のスピードだったり、相性で決めるということはよくあることですよね。

また、私の勤める会社は23区内にあるため問題ありませんでしたが、もしかしたら地域によっては対応エリア外という場合もあるかもしれません。

自分の勤務する会社がその業者の対応エリアかどうかも、必ず確かめるようにしてください。

通常業務のほかにティーサーバーの導入に向けた一連の作業をしなければならないので時間がかってしまいますが、職場環境・従業員満足度向上のために、ぜひじっくりと時間をかけて検討してほしいと思います。

そしてこのサイトが少しでもそのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
 

 

レンタルティーサーバーを使うときにはどのような種類のお茶を飲むことができるのでしょうか。 サーバーを扱う業者が ・・・[続きを読む]
ティーサーバーはウォーターサーバーなどとは違い、飲み物の種類も選び放題だと言えるでしょう。 飲み物に合わせた準 ・・・[続きを読む]
ティーサーバーの購入とレンタル、どちらがいいか迷ってしまうことが少なくありません。 短期間の利用でもレンタルは ・・・[続きを読む]
社員のことを考えて、いつでも美味しい水が飲めるようにウォーターサーバーを導入しているオフィスもあるでしょう。 ・・・[続きを読む]
好きなときに好きな飲み物をすぐに飲めるのがサーバーの良いところです。 中でも最近は健康面のメリットの多さから、 ・・・[続きを読む]
ティーサーバーをレンタルして導入しようと考えているときに、毎月のコストがどの程度になるかは問題になりがちです。 ・・・[続きを読む]
ティーサーバーをレンタルしてからかかるランニングコストを考える上で重要なのが一杯あたりの料金です。 あまりにも ・・・[続きを読む]
さまざまなドリンクを飲めるようになるのがティーサーバーです。 1つの機器で複数の味のドリンクを設定できるため、 ・・・[続きを読む]
オフィスでの社員のコミュニケーションを図るためにも、ティーサーバーを導入することが注目されています。 今回はテ ・・・[続きを読む]
レンタルティーサーバーを導入する際の注意点として、月々の利用料金だけでなく、定期的なパーツ交換やクリーニングに ・・・[続きを読む]
近年は会社にレンタルのティーサーバーを設置する所が増えていますが、ある会社とない会社では何が違うのでしょうか。 ・・・[続きを読む]
オフィスなどでよく飲み物を飲む方も多いでしょう。 そういった方々にオフィスで導入すると便利なのがティーサーバー ・・・[続きを読む]
ティーサーバーは日本茶などを自動的に入れてくれる機器で、多くの場合はその装置をレンタル会社から借りて運用します ・・・[続きを読む]
毎日いつでも美味しいお茶を手軽に飲みたいと言う時、便利なのがレンタルティーサーバーです。 ウォーターサーバーは ・・・[続きを読む]
オフィスで淹れたてのお茶を手軽に飲みたいという場合、ティーサーバーを利用してみるのがおすすめです。 最近ではさ ・・・[続きを読む]
コーヒーや紅茶などを好む方は多いですが、淹れる際に多少なりとも手間が掛かってしまうのが難点です。 そんなときに ・・・[続きを読む]
香りのよい美味しい飲み物を口にすると心が落ち着きますが、すぐに好きなドリンクが用意できるのはティーサーバーです ・・・[続きを読む]
オフィスの休憩や気分転換には欠かすことができないレンタルティーサーバーですが、コスト面で導入を迷っている会社も ・・・[続きを読む]
最近では、本格コーヒーを飲むことが出来るレンタルティーサーバーを使う職場が結構増えて来ています。 ここでは、購 ・・・[続きを読む]
ティーサーバーは長期間のレンタルはもちろん、短期間でも利用できます。 数日だけ開かれるイベントでもティーサーバ ・・・[続きを読む]
会社にティーサーバーのレンタルをするときに最も気になるのが費用に関してです。 特に長期間レンタルをするときは、 ・・・[続きを読む]
自宅やオフィスに設置できて、手軽に美味しいお茶やコーヒーなどが楽しめるとしてティーサーバーのレンタルが人気にな ・・・[続きを読む]
ティーサーバーをレンタルするといつでも気兼ねなく美味しいお茶をいただけます。 しかし、導入時の課題、問題も合わ ・・・[続きを読む]
来客の多いオフィスでは、お客様にお茶を入れるだけでも大変な手間になります。 簡単にすませたいけれども、美味しく ・・・[続きを読む]
最近ではオフィスを始め個人経営の病院や薬の処方を行っている薬局などにてレンタルティーサーバーの導入が進められて ・・・[続きを読む]
ティーサーバーがあれば美味しいお茶をいつでも手軽に飲むことができます。 最近ではさまざまなサーバーが登場してい ・・・[続きを読む]
オフィスやイベント時などに大活躍のティーサーバーですが、通常は各機種に専用のお茶を入れて使います。 しかし、コ ・・・[続きを読む]
レンタルティーサーバーは、マシンを無料でレンタルすることができたり、メンテナンスを無料で行ってくれたりするので ・・・[続きを読む]
お茶を入れるためにティーサーバーは購入して使うこともできますが、もっと費用を安く抑えたいという人もいるでしょう ・・・[続きを読む]
オフィスの休憩室や店舗などに設置されることが非常に増えてきているティーサーバーですが、長期間業者からレンタルす ・・・[続きを読む]
サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
第5位 FVジャパン
記事一覧