オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーはお茶以外も飲むことができる?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/08

最近は手軽にお茶を楽しめるティーサーバーが導入されることが増えてきました。

購入で導入するという方法もありますが、より初期費用を抑えるならレンタルも検討したいところです。

ここからは導入する方法と、お茶以外にはどんな飲み物が楽しめるのかなどを書いていきます。

 

導入にはどのようなメリットがあるのか

お茶を楽しむためには、急須やポットなどを使い丁寧にいれるという方法もありますが、オフィスなど多くの人が集まる場所ではそうした作業は効率的ではありませんし、いれる度に濃度も変化しやすく同じ温度、味で提供するのは難しいものもあります。そこで注目されているのがティーサーバーの導入です。こうした機器を導入しておくと、お茶をいれる作業の手間もなくなりますし、それぞれが好みに合う飲み物を選べます

コーヒーサーバーを導入している企業も増えていますが、コーヒーが苦手な人もお茶ならより気軽に楽しめるようになります。仕事の疲れをとり、気分をリフレッシュさせることもできますし、社員のモチベーションアップにもつながります。

初期費用が高くなるというイメージもありますが、そのかわり、一杯あたりの価格は数円程度と安いので、ペットボトルや缶ジュースなどを用意することを考えると、飲料に掛かる費用はかなり抑えられるようになります。

 

購入以外の導入方法を確認しよう

オフィスやイベント会場にティーサーバーを導入する際は、どのような方法にするのかも考えておきたいところです。長期に継続して使うのであれば長い目で見ると購入のほうが安くなる場合があります。

まずはどのようなものか試してみたい、初期費用を抑えて導入したいという場合はレンタルが向いています。レンタルなら短期間から利用することができますし、不要になった場合もすぐに返却することができます。

毎月の維持費用のみで良いので、導入に多くの費用は発生しません。しかも点検や修理も業者が対応してくれますので、いつでも清潔な状態を保つことができますしもしも壊れてしまっても、別の機器に交換してもらえるなどレンタルでの導入には多くのメリットがあります。

マシンの特徴や維持費は業者ごとに違いがありますので、じっくりと比較して長期間でも安心して利用できるティーサーバーを選んでいきましょう。

 

どのようなドリンクが楽しめるのか

ティーサーバーではどんなドリンクが楽しめるのかも気になるところです。緑茶やほうじ茶などの日本茶が楽しめるのはもちろんですが、お茶以外の飲み物が楽しめるのかも気になるところです。

ティーサーバーごとに違いはありますが、日本茶のほかにもレモンティーやアップルティーなど紅茶関係が充実したサーバーもありますし、カフェオレやココアなどが楽しめる機器もあります。さらにウォーターサーバーと一体化したタイプも人気です。

コーヒーがいれられるタイプなら、コーヒーマシンを別に導入しなくても、一台でお茶もコーヒーも楽しめるようになります。こうしたタイプだとレンタル費用もより抑えることができますし、設置場所にも困りません。

導入する際は、どのようなドリンクが楽しめるのか、お茶は茶葉タイプなのか粉末タイプなのかなどもしっかりと比較して最適なものを選んでいきましょう。使いやすさやお手入れのしやすさも重視したいところです。

 

ティーサーバーを導入するとオフィスでのお茶をいれる作業の手間もなくなり、安定した美味しい飲み物が楽しめるようになります。お茶以外には紅茶やココアが楽しめるタイプもありますし、コーヒーマシンやウォーターサーバーの機能が付いた機器もあります。

長く使うのであれば購入することも考えていきたいところですが、初期費用を抑えるならレンタルがおすすめです。点検や修理などにもすぐに対応してもらえるのもレンタルの良いところです。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧