オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーのお茶の保管方法を知ろう

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/26

ティーサーバーは、そのサーバー専用のお茶を使用していつでも簡単にお茶を飲むことができる機器ですが、メンテナンスを考えてレンタルで使用している人が増えています。

また、オフィスなどでも多く利用されていますが、専用のお茶を使うためそのお茶を一定量ストックしておく必要があり、その保管もきちんと行う必要があるでしょう。

 

種類を把握してから利用する

ティーサーバーはいつでも手軽にお茶を飲むことができるだけではなく、お茶の種類がとても多いのも利用者の楽しみになっているようです。最近は味が豊富なものや茶葉の種類が違うもの、デザインなどいろいろな種類のティーサーバーがあります。

それぞれの使用状況などによって選ぶ種類も変わってくるかもしれません。加えて、それぞれの業者によって料金に違いがあることも把握しておくと良いでしょう。

いちばん大きい違いは茶葉の種類で、パウダー状、粉末タイプと呼ばれるものや茶葉が粉砕された形のもの、そして本来の茶葉タイプがあります。いちばん利用しやすいのはパウダー状や粉末タイプものだと言われています。

これはすぐにお湯に溶けますが、粉砕された茶葉や茶葉そのものだと粉が残ってしまうためメンテナンスが必要になるからです。特に茶葉そのものを使うサーバーは毎日のお手入れが必要になるので、それにかかる時間をとれるかどうかは考える必要があるかもしれません。

 

茶葉の新鮮さを長く保つために

レンタルティーサーバーは機器の利用料金とは別に茶葉の料金も必要ですが、どのくらいの量を飲むかによって購入数は異なるでしょう。たくさん買えばそれだけ料金はお得になりますが、お茶はあまり長く保管しておくと香りがとんでしまったり、味も本来の味ではなくなってしまうこともあります。

ですから、できるだけ飲み切ったところで次の分が届くような購入の仕方が望まれます。基本的なお茶の保管方法は、直射日光や高温多湿の場所を避けることです。茶葉の場合は特に気を付ける必要があり、湿気がいちばん良くないので蓋つきの密閉性の高い入れ物に入れておくと新鮮度が長持ちしていつまでも美味しく飲めます。

とにかく水分を遠ざけることでフレッシュな状態を維持できるということを覚えておきましょう。ただ、レンタルサーバーで使用する専用の茶葉は、粉末でも茶葉でも個別包装になっているはずなので、その場合の注意点は賞味期限の確認となります。

この賞味期限もそれを守れば美味しく飲むことができるということなので、保管方法のすべては新鮮さを保つためだと考えましょう。

 

お茶の種類で異なる賞味期限

レンタルでティーサーバーを使用する場合は、多くの場合専用の茶番を一緒に購入しますが、機器によっては専用ではないお茶も使えるものがあるようです。たまたま専用のお茶を切らしてしまったといったことでなければ、やはり専用の茶葉を使うほうが良いでしょう。

サーバーの故障などトラブル回避のためにもそのほうが良いと言われています。サーバーで淹れることができるお茶の種類は煎茶やほうじ茶、紅茶、烏龍茶などとても豊富に取り揃えられています。

賞味期限はどのお茶も同じではなく、種類によって長かったり短かったりするので、それぞれの期限に注意することが必要です。これは茶葉の種類によって形状が細かったり、大きかったりする点で期限が違うからで、粉末やパウダー状のお茶はその点は気軽に使えるでしょう。

 

ティーサーバーは、メンテナンスなどを考えるとレンタルで利用するほうが便利だと言われています。最近はたくさんの業者がレンタルサーバーのサービスを行っていますが、粉末や本来の茶葉を使うなどそれによってサーバーの種類も異なります。

それぞれの家庭やオフィスの利用状況、お茶の形状の好みなどによって選ぶことができます。お茶は湿気が苦手なので、直射日光、高温多湿を避けて保管することが望まれます。個包装の茶葉の保管はその賞味期限にも気をつけましょう。

 

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧