オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーの導入で福利厚生を充実させる

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/09

従業員の満足度を高めるためにも優秀な人材を採用するためにも福利厚生の充実が必要ということが広く認識されるようになりました。その方法の一つとしてレンタルティーサーバーの導入が挙げられます。

従業員にとってどのようなメリットがあるものなのかを正しく理解して導入を検討してみましょう。

気軽にいつでも無料でお茶を飲めるのが魅力

レンタルティーサーバーの導入をすると従業員はいつでも無料でお茶を飲めるのがメリットです。仕事をしているときに手元に飲み物が欲しいというのは多くの人が考えることで、自宅から持ってきたり、通勤途中で駅の売店やコンビニで買ってきたり、社内に設置されている自動販売機で購入したりしている場合がほとんどです。

しかし、オフィスにティーサーバーが設置されていれば買ってくる必要はなく、いつでも飲みたいときにサーバーから好みのお茶を手に入れられます。ボタンを押すだけでお茶が入るのでとても気軽に使えるのもメリットで、急須と茶葉が置いてあるのに比べて手間がかかりません。

人によって飲む量にも違いがありますが、福利厚生として導入されていれば何杯でも気軽に飲むことができるでしょう。

淹れたてのお茶を飲めるのもメリット

レンタルティーサーバーが従業員に喜ばれる理由として、淹れたてのお茶を飲めることも挙げられます。ペットボトル入りのお茶や自宅で淹れてきたお茶の場合には冷めていたり、風味が落ちていたりしてしまっている場合が多く、お茶好きの場合にはあまり美味しくないという印象を与えることも少なくありません。

常に新鮮で香り高く、味わいもしっかりとしている温かいお茶を飲めるのはティーサーバーのメリットです。機種によっては温度調節機能があったり、お茶の濃さを変えられたりすることもあり、好みの温度や濃さのお茶を新鮮な状態で飲むことができます。お茶の種類も一つだけではないサーバーが多いので、気分に応じて好きなものを飲めるという点でも魅力がある福利厚生です。

お茶の種類の要望にも応えてもらえる

レンタルティーサーバーを福利厚生として導入してくれると従業員は好きなお茶を飲めるようになるのもメリットです。最初に導入したときには煎茶とアールグレイとダージリンだったという場合に、自分はハーブティーや中国茶しか飲まないから恩恵を受けられないという人もいるかもしれません。意見箱を設置するなどして要望を聞き、他のお茶を入れるようにすると従業員の満足度が飛躍的に高まります。レンタルしている場合には購入するお茶の種類を変えるだけで簡単に他の種類のお茶に切り替えられるからです。

ウーロン茶が飲みたい、ジャスミンティーが欲しいという要望があったら、試しに煎茶と烏龍茶とジャスミンティーにしてみるといったことができます。それでまた反響に耳を傾けて変更するということを繰り返していくと、従業員としては要望に応えてくれて嬉しいという印象を持つようになるでしょう。

これはただ福利厚生として従業員に喜ばれるだけでなく、従業員と経営陣とのつながりをしっかりとしたものにするうえでも役に立ちます。

 

福利厚生を充実させる方法としてレンタルティーサーバーの導入は従業員から喜ばれるものです。いつでも淹れたてのお茶を飲めるからというのが主な理由で、わざわざ仕事中に飲むためのお茶を買ってきたり自宅から持ってきたりする必要がなくなります。無料で何杯でも飲めるので、いつもお茶が手元にないと働けないという人も満足してくれるでしょう。

レンタルならお茶の種類も簡単に切り替えられるので、従業員から要望を聞いて変更していくことも可能です。それによって従業員の満足度も高まるだけでなく、要望を出せば応えてくれるという意識を持ってもらえるようになり、経営陣と従業員のつながりも強くなるでしょう。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧