オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーの導入による従業員への効果とは?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/11

オフィスでの仕事の最中には、仕事の息抜きに、また休憩時に、手軽にお茶を飲みたいという人も多いものです。ペットボトルや水筒などを持参する人も多いですが、おいしい本格的なお茶を飲む方法として、レンタルティーサーバーを企業が導入する方法が挙げられます。導入することにより、従業員たちには数多くのよい効果が得られることでしょう。

従業員のモチベーションがアップします

レンタルティーサーバーを導入することによって得られる従業員への効果としては、まず第一に従業員のモチベーションややる気のアップが挙げられます。実際に従業員の志気を高めるために導入を検討する企業も多く見られます。

たかがティーサーバーでモチベーションが上がるのかと思う人も多いかもしれませんが、実は従業員にとっては立派な福利厚生の一つにあたるでしょう。美味しいお茶を飲んでリフレッシュにつながりやる気が出るのであれば、結果的には会社にとっては大きなプラスとなります。

また企業にとってもメリットがあり、会議の際にペットボトルを一本ずつ配っているケースも多いことでしょう。しかしこれをティーサーバーのお茶に切り替えることにより、出費を抑えることにつながります。

ペットボトルの場合には一本100円前後の費用がかかりますが、ティーサーバーの場合には1杯あたり安いものであれば2円ほどとなっています。出費を抑えられることが明確にわかるでしょう。

従業員のコミュニケーションが円滑になる

仕事中のちょっとしたタイミングでお茶を飲みたいという人も多いですが、レンタルティーサーバーがあることで、何かを飲みたいと思ったときに、好きな飲み物を飲めることは大きなメリットとなります。

またこのメリットが、オフィスの従業員同士のコミュニケーションを活発にするという効果も期待できます。お茶を飲むために従業員たちが同じ空間に集まることによって、社内でのコミュニケーションもよい効果が生まれるのです。お茶を入れるためにティーサーバーを利用する場合には、それまでは部署が違いあまり会話をしない人同士でもこれをきっかけに会話が始まることにもなります。

共通の習慣によって話題が生まれることがあるのです。所属部署に関係なくコミュニケーションが生まれやすい環境は、その結果として新しいアイデアが生まれることにつながるかもしれません。従業員同士のコミュニケーションが円滑になることによって、組織の活性化にもつながるのです。

カフェインレスなどの健康にも気を遣える

オフィスでの休憩中にコーヒーやお茶などをたくさん飲んだ場合には、カフェインの過剰摂取が健康被害に結び付くこともあるでしょう。近年では女性の社会進出も増えていて、女性従業員が働いている職場も数多く見られます。女性従業員の中には出産ぎりぎりまで働く人も多く、自分が口にするものに関しては非常に気を遣うことでしょう。

レンタルティーサーバーにも数多くの種類のものがあり、中にはカフェインレスの飲料を飲むことができるものもあります。女性の場合にはコーヒーよりお茶や白湯などを飲みたいという人も多く、種類が豊富なものであれば、自分の健康にも気を遣いながらリフレッシュすることができます

 

このように企業がレンタルティーサーバーを導入することによって、従業員のモチベーションが上がったり、従業員同士のコミュニケーションが良くなるなどの数多くのよい効果が期待できることがわかります。

レンタルティーサーバーを導入することで、従業員の満足度が向上することがわかるでしょう。これは立派な福利厚生の一つにあたり、福利厚生が充実していれば企業選びのポイントにもなり、現在働いている人の離職防止にもつながるかもしれません。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧