オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーはオフィスのコミュニケーションの潤滑油になる!

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/15

オフィスで淹れたてのお茶を手軽に飲みたいという場合、ティーサーバーを利用してみるのがおすすめです。

最近ではさまざまな業者がレンタルサービスを行っており、いつでも美味しいお茶を飲めることが人気の理由です。

社内で美味しいお茶が飲める環境を整えることにより、社員の仕事の効率がアップする効果も期待できます。

 

ティーサーバー導入後の影響とは?

レンタルティーサーバーは短時間でお茶を淹れるための機器です。

この機器のメリットや特徴をチェックしておきましょう。

ティーサーバーは水と粉末を入れて使う商品であり、好きなお茶を選んで作ることができます。

自力でお茶を作る場合、お湯を沸かす必要があります。

しかし、ティーサーバーは本体内で飲み物を作ってくれるため、わざわざお湯を沸かしてから淹れるという手間がかかりません。

レンタルティーサーバーを導入することにより、仕事中の気分転換が手軽にできるようになります。

わざわざ社外に出て飲料を買う必要もありませんし、短時間で気持ちを切り替えることができるのです。

仕事中に軽く休憩したい場合でも便利です。

ちょっとしたタイミングでお茶を飲みたいという人もいるでしょう。

レンタルティーサーバーがあれば、何か飲みたいと感じた時にいつでも好きな飲み物を飲めることが大きなメリットです。

また、オフィスのコミュニケーションを活発にしてくれるという特徴もあります。

お茶を飲むために同じ空間に集まることにより、社内でのコミュニケーションにも影響が出てくるのです。

社員のコミュニケーションを円滑に

レンタルティーサーバーを導入することにより、社員の満足度が向上するというメリットが挙げられます。

ただのティーサーバーだと感じるかもしれませんが、サーバーの導入は立派な福利厚生の一つです。

福利厚生の充実は企業選びのポイントにもなりますし、現在働いている人の離職防止にも繋がるでしょう。

社員の満足度がアップすればモチベーションもアップしますし、結果的に会社にとって良い影響があると言えます。

また、お茶を淹れるためにティーサーバーを利用した場合、部署が違って普段はあまり会話をしない人同士でもお茶をきっかけに会話が始まり、共通の習慣から話題が生まれることもあります。

所属部署に関係なくコミュニケーションが生まれやすくなりますし、結果として新しいアイデアが生まれることもあるでしょう。

コミュニケーションが円滑になることにより、組織の活性化にも繋がります。

来客の多い会社の場合、社員が毎回お茶を淹れていたら時間や手間がかなりかかってしまいます。

その時間や手間の削減にもサーバーが役立つのです。

レンタルする際にチェックしておくこと

レンタルティーサーバーはコミュニケーションの潤滑油になるだけでなく、コストを削減できることも大きなメリットです。

原料代や人件費も普通にお茶を淹れるよりかなり安くなりますし、お茶1杯あたりの値段が安いこともポイントです。

ティーサーバーで淹れるお茶は1杯2~10円程度です。

1日に何杯か飲んでもペットボトルを購入するより安く済みますし、出費を大幅に抑えることができるでしょう。

レンタルティーサーバーを利用する場合、価格をチェックしておくことが大切です。

具体的な価格についてはティーサーバーを導入するオフィスの状況やサーバーの種類、どんなオプションを付けるかによって変動してきます。

ホームページを見てもよく分からないという場合、問い合わせてみると良いでしょう。

レンタルする時にはやはり価格が気になるかもしれません。

しかし、価格だけでなく、使いやすさや味なども選ぶ時のポイントとなります。

また、都心であれば問題ないのですが、地域によってはレンタルサービスを行っていないこともあるので注意が必要です。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧