オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

ティーサーバーにはどんな種類がある?

公開日:2020/12/01  


仕事をしていく中で、一息入れたいときがあります。そのような時にオフィスに美味しい飲み物のサーバーがあると大変助かります。そのような時に役に立つのがレンタルティーサーバーです。レンタルですのでメンテナンスを気にすることもなく、いつでも美味しい飲み物を準備できます。飲み物の種類も多く取り揃えられていて大変便利です。

職場にあると助かるティーサーバー

会社での仕事はいつも忙しいものです。とくに月末や年度末などの忙しい時期には猫の手も借りたいという事が多くあります。そのような時には、ちょっとお茶やコーヒーを飲んで一息したいという気持ちはあっても、いちいち急須にお茶を入れたりティーバッグをカップに入れる手間が面倒になります。

飲み物の種類も多く準備する事は難しいので途中で飽きてしまうことになり、リフレッシュできません。そのような時に役に立つのがレンタルティーサーバーです。レンタルですのでクリーニングや面倒な整備を行う必要もなく、茶殻などの廃棄物の処理について思い悩む必要もありません。

さらに、飲み物の種類もお茶だけでなくコーヒーもセットする事ができなど、多く準備する事ができるため途中で飽きる様な事もありません。職場に一台あるだけでいつでも美味しい飲み物をいただく事ができるようになり、リフレッシュして仕事のペースをあげる事ができるようになります。

レンタルティーサーバーの種類は

このように職場に一台あるとたいへん助かるレンタルティーサーバーですが、水やお茶などの供給方法に応じていくつかの種類があります。水の供給方法での分類では、ボトルタイプとタンクタイプがあります。

ボトルタイプは、ウォーターサーバーなどで使われている様に水のボトルを逆さまに差し込んで使用するものです。この容器には、逆浸透膜浄水方式で浄化された水やミリポアフィルタと呼ばれる極めて小さな穴をもつフィルタで濾過した後に電気的にイオンを取り除いた超純水と呼ばれる水が入っています。

そのために職場の水の状況に関わりなくいつでも高品質な水で飲み物を作る事ができます。また、このタイプでは浄化された水の入ったボトルを交換するだけですから廃棄物も出ずフィルタ掃除などの手間もかかりません。

もう一つのタイプがタンクタイプです。タンクタイプは、職場の水道水を数種類のフィルタで浄化して使うもので、ボトル取替の手間がかからず経費的にも安くなります。

レンタルティーサーバーの飲み物の種類

このように水の供給ではボトルタイプでもタンクタイプでも高品質な水を得る事ができるレンタルティーサーバーですが、ドリンクの種類についても多くの種類があります。飲み物の種類でティーサーバーの分類を行うと、茶葉を使用するもの、お茶などの粉末を使用するもの、珈琲豆をその場で粉砕して使用するものがあります。

茶葉を使用するものでは、煎茶、ほうじ茶、紅茶などさまざまの飲み物に対応可能です。また、粉末を利用するものでは、コーヒーなども含めさらに多くの種類に対応可能です。珈琲豆を挽いて粉にしてコーヒーを淹れるタイプのものではいつでも香り豊かなコーヒーを楽しむ事ができます。

供給する温度についても、温かい飲み物や冷たいドリンクがいただけるものがあります。季節や飲み物応じて温度を変えて楽しむ事ができます。このようにいろいろな飲み物が楽しめますので、いつでもさまざまの味が楽しめ、リフレッシュして仕事に集中する事ができるようになります。

 

ここで紹介してきたように、レンタルティーサーバーは高い品質の水を使用して、お茶のみならずコーヒーや紅茶を含め数多くの美味しい飲み物をサーブしてくれます。また、レンタルですので整備や廃棄物の処理について気を使う事もありません。