オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

ティーサーバーレンタルの割引制度とは

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/20

ティーサーバーをレンタルするときには様々な費用がかかります。

少しでも安く借りられるようにしたいというときには割引制度に着目してみるのが合理的です。どのような費用が発生し、どれが安くなる可能性があるのかを確認しておきましょう。

 

ティーサーバーをレンタルするとかかる費用

 

最初にティーサーバーをレンタルするときにどのような費用を業者に対して払うことになるのかを確認しておきましょう。その中でどこが安くなる可能性があるのか、どれが割安になるとお得になるのかといったことを考えやすいからです。業者ごとに実施している割引制度にも違いがあるので、業者選びをする基準を考える上でも役に立つでしょう。

ティーサーバーをレンタルすると毎月一定のレンタル料金がかかるのが一般的です。契約をするときには初期費用がかかり、サーバーの配送料金や設置料金、事務手数料などが代表的なものとなっています。ティーサーバーを使うためには茶葉やお茶のパウダーを購入しなければならず、業者から手配することになるのが一般的です。サーバーの種類によってはお茶を淹れるために使う水も購入する必要が生じます。

また、機種によっては浄水フィルターなどの定期的に交換しなければならない部品も購入しなければならないでしょう。そして、サーバーを衛生的に不具合なく使える状態を維持するためにはメンテナンスもしなければなりません。一般的にはレンタル業者に依頼して定期的にメンテナンスしてもらうことになるため、メンテナンスの費用も支払うことになります。このような費用の中で業者はどれを安くしてくれることがあるのでしょうか。

 

典型的なのは業者が行っているキャンペーン

 

割引制度の中でも典型的なのは業者が不定期に行っているキャンペーンです。キャンペーン期間中に申し込むとお得に利用できる仕組みになっているのが特徴で、一般的にはこのタイミングだから申し込みたいと思えるように値段が安くなる部分を設けています。販売促進のためのキャンペーンなので、ユーザーがよく気にかけている費用を少し安くしている場合がほとんどです。

例えば、普段は請求する初期費用をキャンペーン中は無料にするというものがあります。また、キャンペーン中に申し込むと向こう数ヶ月間のレンタル料が無料もしくは割安になるといったものも代表的です。レンタルするサーバーで使用できる茶葉をプレゼントといった形で実質的に茶葉を買う費用を削減できるようになっている場合もあります。

また、メンテナンスの必要性についての認識が広まってきた影響で、期間中に申し込むと年次メンテナンスが無料といったキャンペーンもありました。また、無料試用できるキャンペーンを実施している業者もあります。例えば七日間は無料で使用することができ、その初期費用も全て無料にするという形になっています。満足できたらそのまま継続使用することになり、不満がある場合には撤去してもらえる仕組みになっているのが通例です。

 

契約内容によって安くなるときもある

 

業者によっては契約内容によりレンタル料金を割引していることがあります。二年間は解約できない契約にすることで割引になるというのが典型例です。

必ずしも割引制度が公表されているわけではなく、営業マンの裁量で割引の契約をすることが認められていることもあります。業者と個々に相談してみると様々な形で条件を付ける代わりに費用を下げてもらえることがあるため、交渉してみると良いでしょう。

 

ティーサーバーをレンタルして使うときにかかる初期費用やレンタル料金などは割引になる可能性があります。キャンペーンが実施されているときなら大幅に割安になることもあるので、サーバーの導入時にはキャンペーン情報を探してみた方が良いでしょう。また、契約期間などに条件を付けることで費用を下げられる可能性もあります。必ずしも個々の業者が定めている割引の条件が公表されているわけではないので、契約の際には交渉してみるのも大切です。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧