オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーに冷却機能はある?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/17

レンタルティーサーバーにも冷却機能は搭載されていて、どんどんパワーアップしているので一瞬で冷えます。夏場の暑いときも、瞬時においしいアイスティーが出来上がります。

どんどん進化するティーサーバーは、知らないだけで意外にできることは多く簡単に使いこなせます。

冷却機能が内蔵されているから冷たくできる

ティーサーバーを設置してあると、飲みたいときにすぐにのどを潤すことができます。お茶類は温めると香りが立つこともあり、ホットのイメージがあります。ただ、夏や動いた後、会議で白熱した後などは冷たいお茶でクールダウンしたいはずです。そんなときに冷たい好きなドリンクが飲めるだけではなく、即座に冷えた飲み物が出てくることが大切です。

その期待に応えるティーサーバーも続々と登場しています。仕組みはサーバーの内部に冷却装置がついていて、そこをホットで抽出したお茶が通ることで、一気にクールダウンしてアイスティーとして抽出できるのです。一旦はお茶の茶葉や粉末を溶かすために温かいお湯で注ぎます。しっかりと味が出て粉末も溶けたときに冷却すれば、味わいも喉越しも満足できる冷たいお茶が手軽に飲めます。

レンタルティーザーバーもどんどん進化しているので、あっという間に質の高い、しかも温かいものと冷たいドリンクの両方が楽しめます。

スピードもアップして待たないでいいのが魅力

冷却機能は確かに前からあった機能です。しかし、一旦高温のお湯で抽出されたお茶を冷やすのですから、その分ホットよりも時間がかかっていました。それが忙しいときやまとまった数を抽出したいときには、負担と感じていました。

しかし、今は進化していますので心配不要です。というのも、冷却装置内を通ることで冷やされる仕組みは同じですが、その冷やす威力が格段にアップしているので、一瞬で温度を下げます。あっと言う間に冷えるので、ホットでそのまま注がれるのと、数秒程度しか変わりませんので待つことがありません。自動で装置内を通るだけですので、特別な手間も不要です。

時間もかからないのは、のどが渇いたときにこそ飲みたいアイスティーには欠かせないポイントです。レンタルできる機種でも冷やすパワーが高いので、あっという間に冷たくできます。大人数が利用しても対応できるだけの安定した機能性です。

ホットとクールのダブルで温度調整も簡単

レンタルのティーサーバーの中には、1回1回の温度調整が細かくできるタイプもあります。それが可能なのもホットとアイスの両方が瞬時にできて、それぞれの量の加減によって温度を調節できるからです。

もし、冷却に時間がかかるようなら、冷やしたドリンクにホットを加えて温める作業が加わり、さらに時間がかかってしまい非現実的です。しかし、スピーディーにホットもアイスも作れるので、それを合わせることで温度好みに近づけることもできるのです。

これならちょっと温かくしたいとか、冷たくしすぎないようにしたいなど、希望に合った飲み物が作れて使い勝手も良いです。特に多くの方が利用する場所では、スピードと好みに合わせた調節が欠かせません。

 

レンタルのティーサーバーはどんどん進化していて、冷却するのも瞬時なので時間がかかりません。ホットと同じくらいの時間で冷たいお茶が出てくるので、のどの渇きも癒せます。

この性能を生かして、ホットとアイスの混ぜる量を加減することで、飲み物の温度を細かく調節できるサーバーも出てきています。いろいろな方が利用する場面では、自分好みに調節できるのは便利な機能です。冷却機能は内蔵されていますので、ホットでもアイスでも味わいをしっかりと残しつつ、短時間でお茶が出来上がります。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧