オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーの初回の費用はどれくらいかかる?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/26

会社やお店などでは、レンタルティーサーバーを利用しているところも珍しくありません。実際に利用することにより、お客さんに対しておもてなしができるだけでなく、社員が利用すれば社員のモチベーションも上がる可能性があります。

ただ、実際に利用する場合どの程度の費用がかかるでしょうか。

基本的に契約料金を支払うだけでいい

将来的にレンタルティーサーバーを借りる場合には、初期費用はどれぐらいかかるかが気になるところです。たいていの場合最初は無料で利用することができます。

業者によってお試し期間を設けているところが多いため、その期間を利用すれば無料で使うことができるでしょう。いくらお試し期間といえども、もともとレンタルする気がないのに無料のお試し期間を試してはいけません。

やはり、レンタルする意思がある場合だけ利用するのが筋になります。1か月ほどお試し期間が設けられているところは多いです。この場合、1カ月が経過した場合には契約をするかどうか決めなければなりません。

契約をする場合、初期のお金が必要になりますが最初は契約費用だけが必要になることが多いです。契約するときの費用は会社によって異なりますが1万円以内になることがほとんどでしょう。

初期のお金を高くしてしまうと、お客さんが契約してくれなくなる可能性があるからです。たとえば、人間の心理的に考えると1年間に12万円支払わなければならないとした場合、初回の契約の段階で12万円を支払いその後1年間は0円だった場合と、初回の契約費用を1万円にしてそれを12回払いにする場合では、前者よりも後者のほうが契約する人数が増えるでしょう。割賦払いなども同じ仕組みになります。

人間の心理を考えれば、一度に支払うよりも分割して支払うほうがお得ではないかと感じるためです。そのため、初回費用を安く設定しているところが多いですが、初回にかかるお金を考える場合継続して利用することを頭に入れて1年間でどれぐらいの費用がかかるかも見ておく必要があります。

格安のところは、後になって追加料金を請求するようなこともあるかもしれません。また、基本料金は非常に安いですが、基本料金で利用できる範囲が狭いため最終的にオプションなどを付け加えるとそれなりの金額になることもあります。

初期の料金をお得にするための考え方

本格的に利用することを考える場合、初期の料金をお得にするためには無駄なオプションをつけないことが必要になります。基本的に、どのようなレンタルティーサーバーでも緑茶などの基本となるお茶は含まれています。ですが、それに加えてコーヒーなどを追加することにより追加料金が発生することもあるでしょう。

さらには、最近ジュースなどが出るタイプやスポーツドリンクが出るようなレンタルティーサーバーも存在しています。この場合、最初にどれを利用するか迷うところですが、本格的に利用するならばまずはお茶だけの利用にしてみるのがよいかもしれません。

結果的に、お茶以外の需要が高そうならばコーヒーなどを付け加えて追加料金を支払う方法もあります。ですが、最初からコーヒーなどを付け加えてしまいオプション料金を初期費用に払った場合コーヒーのほうがあまり人気がなければわざわざオプション料金を支払って導入した意味がありません。

あるいは、コーヒーの人気があったとしても、オプション料金が高い場合にはわざわざ導入しなくても問題ないことも多いです。このように考えれば、可能な限り初期の料金を絞り込みオプションが付けないほうがよいでしょう。オプションに関しては、必要なときにつければ充分です。

初期費用を安くするためにキャンペーンを利用する

初期費用を少しても安くしたい場合には、キャンペーン期間を利用するのがよいです。キャンペーン期間を利用すれば、その分だけ無駄にお金を支払わずに済みます。

ただ、その業者がいつキャンペーンをおこなっているか明確でないため定期的にホームページなどをチェックしておくべきです。

 

レンタルティーサーバーを利用する場合、初期のお金がどれぐらいになるかが問題になりますが、基本的には1万円未満になることが多いです。最初からオプションをつける方法もありますが、オプションは必要になったときにつければ十分でしょう。

これにより、最初に支払うお金を可能な限り少なくすることができるのです。初期費用を減らすために、キャンペーン期間を利用する方法もあります。ホームページなどを見て、いつキャンペーンがおこなわれるかをチェックしましょう。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧