オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーの初期費用はどのくらい必要?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/11

レンタルティーサーバーをオフィスに導入する際、費用はどれくらいかかるのでしょうか。導入のタイミングでかかる費用、使用時にかかる費用、トラブルの発生時にかかる費用などをきちんと見積もって予算を立てることが必要になります。導入するときにかかる初期費用はティーサーバーのレンタルの場合にはどのくらいが相場なのでしょうか。

導入にかかる費用について考えてみよう

業者からどのくらいの金額を請求されるかを知る前に、どのような費用が導入時にかかるかについて考えてみましょう。ティーサーバーをレンタルするときには購入するわけではないので本体に対してお金を支払う必要がありません。そのため、サービスに対する費用が主なものになり、契約手続きにかかる事務手数料やサーバーの搬入と設置の費用が代表的なものです。

また、レンタルの場合には月額料金が定められているので利用を始める月の分、または翌月分まで支払いをすることになります。そして、ティーサーバーを使うためにはそのサーバーに対応している茶葉やお茶のパウダーを購入することも必要です。

業者やサービスの選び方によって違いはありますが、大まかには導入時にこのような費用が発生すると考えておきましょう。

一般的には初期費用がかからない

契約にかかる事務手数料は業界によっては何万円にもなることがあり、サーバーの設置にも運送費や人件費がかかるのでやはり一万円以上になることもよくあります。しかし、ティーサーバーのレンタルの場合にはこのような契約や導入にかかわる初期費用をゼロにしているケースが多いのが現状です。

初期費用を設定している業者でも頻繁にキャンペーンを実施していて、実質ゼロ円で導入できる場合が多くなっています。月額費用についても払わなくて済んでしまうケースが大半を占めています。

導入した月も日割りで月額費用を支払うのが妥当だと考えることができますが、その期間はサービスしてくれるのです。業者によっては導入月だけでなく翌月も無料にしてくれることもあります。業者としてはお試し期間を設定するという意味合いを持っていて、まずは導入して気軽に試してもらえるようにする目的でこのような対応をしています。業者によってはキャンペーンで実施していることもあるので、申し込むタイミングをきちんと見計らうようにするのが重要です。

なぜ初期費用が無料になっているのか

月額料金を初月や翌月は無料にするという対応をするだけでなく、事務手数料や配送料、設置料などといった初期費用を全て無料にしてしまうのはなぜなのかと疑問に思う人もいるでしょう。実はとても考え方はシンプルで、初期費用を無料にするのも導入のハードルを下げることが目的なのです。

使ったことがなくて本当にメリットがあるかわからないのに何万円も支払うのはためらってしまうのは当然でしょう。レンタルティーサーバーは競合他社が多いことも考慮し、できるだけ気軽に申し込んでもらえるように配慮しているのです。

 

レンタルティーサーバーの導入には事務手数料や配送料などの費用が発生すると考えるのが妥当ですが、実際には無料で対応している業者がほとんどです。

ティーサーバーをレンタルするハードルを下げるためにサービスしているのが実態で、初月や翌月の月額料金すら無料にしていることが多くなっています。顧客獲得競争で勝ち抜くために行われていることなのでお得に利用できることを念頭に置いて導入を検討してみましょう。

キャンペーンによって無料にしているところもあるので、申し込むときにはタイミングを見計らう必要があることも覚えておくのが大切です。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧