オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーのメニューはどのくらいある?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/20

ティーサーバーのレンタルを検討しているときに押さえておきたいのがメニューのバリエーションです。どのくらいの種類のお茶を淹れることができるのかによって従業員の満足度にも違いが生じます。お茶の種類以外にも使用する人が選べる項目があるサーバーも多いので、どんなバリエーションがあるのかを理解しておきましょう。

お茶の種類はサーバーと業者でかなり違う

レンタルティーサーバーで淹れられるお茶の種類についてはどのサーバーを使うか、どこの業者と契約するかによってかなり差があります。少ない場合には一種類のお茶しか淹れることはできず、業者として取り扱っているお茶の種類も一つしかないということがあるので注意しましょう。サーバーが一種類のメニューにしか対応していないけれど、業者としては数種類のお茶を用意していて自由に選択できることもあります。

一方、数種類のお茶を選べるティーサーバーもあり、むしろこのほうが主流になっているのが現状です。少ないものでは二種類か三種類程度ですが、多いものになると十種類以上も選べる仕組みになっています。お茶だけでなくコーヒーやスープ、味噌汁なども選べるサーバーもあるのでバリエーションに困ることはないでしょう。そのサーバーで使用できるお茶などがどれだけあるかは業者によって異なります。好みのものがある業者を選んでレンタルするのが大切です。

お茶の種類以外に選べる項目とは

メニューにバリエーションを持たせるにはお茶の種類以外にも選べる項目があるに越したことはありません。どんなものが選べるかもサーバーの種類に依存するので気をつけておきましょう。例えば、お茶の濃さを指定できる機能があるサーバーもたくさんあります。濃い、普通、薄めの三段階のものもあれば、1から5の五段階になっているものもあり、好みの濃さに調節できれば従業員の満足度も上がるのは明らかでしょう。

日本茶の場合にはそのまま飲むのが普通ですが、紅茶には砂糖やミルクを入れたいと思う人も大勢います。その機能が付与されているティーサーバーもあり、ミルクがありかなしか、砂糖がありかなしかというのが典型的な選択肢です。さらに高機能のサーバーの場合にはミルクや砂糖の量も数段階で選べるようになっています。

一方、お茶は熱いものを飲みたいという人もいれば冷たいほうが良いという人もいるでしょう。ホットのお茶だけでなくアイスのお茶についても選べるサーバーも少なくありません。中には温度設定ができるようになっているサーバーもあるのでこだわりがある人の希望にも応えられるでしょう。

メニューが多いメリットとデメリット

ティーサーバーのメニューが多いのは飲みたいものを気分に応じて選びやすいというメリットがありますが、デメリットもないわけではありません。むやみにメニューを増やし過ぎてしまうと選ぶのが難しくなってしまうこともあるのです。

優柔不断な人がどれにするかで悩んでいるうちに長蛇の列ができてしまうこともあるかもしれません。操作性についても低下してしまい、温度も砂糖やミルクの有無も決めなければならないとなると手間がかかりがちです。その点も考慮して現場に合ったレンタルティーサーバーを選ぶようにしましょう。

 

レンタルティーサーバーのメニューはお茶の種類や砂糖、ミルクの有無や入れる量、ホットかアイスかなどのお茶の温度によってかなりのバリエーションを生み出せます。サーバーがどのくらいの機能を持っているか、業者がどの程度の種類のお茶を取り扱っているかによって選択肢の多さが変わるということを覚えておきましょう。

メニューが多ければ好みのものを選べるという点で従業員の満足度が高まると期待できます。しかし、あまりに多くし過ぎると決めかねてしまうことや、操作性が低下することによるデメリットも生じるリスクがあるということは念頭に置いてどのティーサーバーをレンタルするかを決めるのが大切です。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧