オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーの必要性とは

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/09

福利厚生の一環として、オフィスにレンタルティーサーバーを設置する企業が増えています。一方、未だ導入していない企業では、どういうサービスを利用すればよいのかわからないものです。導入するからには、従業員に喜んでもらうことが大事です。そこで、当記事ではティーサーバーの必要性や導入のポイントについて解説します。

休憩時等いつでも手軽にお茶を飲める

ティーサーバーの必要性やメリットとして、さまざまなポイントが挙げられます。一つはいつでも手軽にお茶が飲めることで、仕事中はもちろんのこと休憩時などに重宝します。従来「お茶汲み」はOLの仕事のイメージがあり、多くのOLは煩雑なお茶入れ作業を強いられていました。それがサーバーの導入で手軽にできるようになり、OLは自分の業務に専念できるようになったわけです。

お茶の種類もいろいろと揃っており、ホットやアイス、番茶から煎茶まで自由に選べます。ドリンクスペースを設けることで、社員同士のコミュニケーションの幅が広がります。普段、顔を合わすことがない人とでも、お茶を通して親睦を図れるわけです。そのような会話やコミュニケーションの中で、仕事のアイデアが生まれてくることもあります。

何よりもお茶は脳を活性化する作用があるので、疲れた頭をリフレッシュできます。それが仕事の活力を高める効果となり、作業能率の向上にも寄与するものです。気分をリフレッシュできるだけでなく、眠気防止にも効果が期待できます。

お茶を買いに外出する必要がなくなる

レンタルティーサーバーを導入すれば、社員はお茶を買いにわざわざ外出する必要がなくなります。お昼時などコンビニに並ぶのは、時間がかかるものです。それゆえ時間を有効活用できるので、休憩時間やお昼時間などを充実させることが可能になります。

ティーサーバー用の原料も安いので、会社の負担も少なくて済みます。何よりも従業員の福利厚生を考慮すれば、そのコストパフォーマンスのよさは大きなものがあるといえます。

また、レンタルティーサーバーを設置すれば、急な来客にもすぐにお茶を出すことができます。とくに来客の多い企業では、その度に飲み物を用意すると時間がかかってしまいます。その点ティーサーバーであれば、ボタンひとつで客の好みのお茶を出せます。商談などでは時間が大事なので、1分1秒たりともムダにしたくないものです。お茶を淹れるのに時間を取られるよりも、仕事の話を進めた方がお互いのためにもなるといえます。

ティーサーバーのメンテナンスを定期的に実施

現在のレンタルティーサーバーには、水道直結型とカセット型の2種類が用意されています。大きさはどちらもコンパクトな設計となっており、オフィスに設置してもスペースをとりません。カセット型はサーバーにボトルやタンクを取り付けて使うタイプです。水の残量が一目でわかるので、新たにカセットを注文するのに便利です。

水道直結型ティーサーバーでは、水道工事や災害などで水道が止まれば使えません。一方、ボトル型であれば如何なる場合でも利用できます。レンタルティーサーバーのメリットの一つが、会社の事情に応じて水道直結型やボトル型を自由に選べることです。

また、ティーサーバーのメンテナンスも定期的に行われるので、常に衛生状態を良好に保てます。水道直結型には高性能浄水器が搭載されており、いつでも美味しいお茶が飲めるのも魅力です。ティーサーバー自体の外観はお洒落なデザインなので、どんなオフィスにもマッチするのも嬉しいポイントです。

 

レンタルティーサーバーはアフターサービスが充実しており、定期訪問でマシンの保守点検と清掃を施します。故障や不具合が発生すれば、電話一本で駆けつけてくれるものです。お茶の原料も格安で入手できるので、会社の負担が少なくて済むのも魅力です。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧