オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

ノンフロンタイプのレンタルティーサーバーはある?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/17

ここではティーサーバーがどのような製品であり、どのような目的で設置されるかについて解説します。また、ティーサーバーを購入するととても高価ですが、レンタルすることもできます。そこでレンタルするメリットについて紹介します。そして、ノンフロンタイプが環境に優しい理由について取り上げます。

ティーサーバーとはどんなものか

ティーサーバーとは日本語では給茶機と呼ばれていて、オフィスの給湯室や商業施設等に置かれていることが多いです。オフィスの場合は従業員に対する福利厚生目的で置かれていたり、商業施設では客に対するサービス目的で設置されていたりします。

ティーサーバー水やお茶、さらにはほうじ茶などいくつかの飲料を提供することが可能です。機種によってはお湯を提供できるものがあり、お茶だけではなくカップラーメンを作る目的で使われていることもあります。

ところでティーサーバーにはオプション品がついています。例えばお茶を飲むための紙コップを設置しておくカップホルダーをはじめとして、水を美味しく飲むための浄水器などが挙げられます。機種によっては安全に使うためのセーフティドアや、漏水検知装置もオプションで付いています。いろいろなメーカーからさまざまな機種が販売されていて、自分たちに合ったものを選ぶ必要があります。

レンタルで貸し出されることもある

オフィスや商業施設等でティーサーバーを設置する場合、どれ位の費用がかかるのか気になる人が少なくありません。いろいろなメーカーからさまざまな機種が製造・販売されているので価格もさまざまです。安い製品であれば10万円台からもありますが、高い製品だと50万円以上する場合もあります。このように高価な機械であるため、購入するとなると多大なコストがかかってしまいます。

しかし、ティーサーバーはオフィスでの従業員のコミュニケーションを図るためには欠かせない存在です。そこでレンタル業者に依頼して、レンタルする方法があります。レンタルであれば月額数千円~1万円程度で借りられる機種も存在します。リーズナブルな価格で借りられるので、経済的な負担もそれほど大きくありません。

またイベント開催時など、期間限定で設置したい場合もレンタルならば都合が良いです。必要なときだけ利用できる点も見逃すことができません。業者によってはお試し期間で設置するサービスもあり、従業員たちの反応を見てから本格的にレンタルすることもできます。

環境に優しいノンフロンタイプについて

環境問題に関心を持つ人や団体が増えていることから、ノンフロン化が進んでいます。もともとフロンは、燃えにくく化学的に安定であり、液化しやすいうえに、さらに人体に対して毒性がないという性質があります。そのため、冷蔵庫や冷水機などの冷媒や断熱材などの発泡剤などに用いられてきました。

ところがフロンにはオゾン層を破壊してしまう性質があり、地球環境に対して悪い影響が出てしまうのです。そこで代替フロンと呼ばれるものが開発されました。代替フロンはオゾン層こそ破壊しませんが、二酸化炭素の数百倍から数千倍もの温室効果があるとされ、地球温暖化の原因となってしまいました。

そこでオゾン層を破壊せず温室効果も少ないノンフロンが注目されています。冷却機能が付いているティーサーバーには、ノンフロンタイプの機種が存在します。

しかし製品のラインナップを見ただけでは、それがノンフロンタイプかどうかはなかなか判別できません。何故ならカタログ等には書かれていないことが多いからです。そこでレンタル業者に確認してみるか、或いはメーカーに直接聞いてみると良いです。

 

オフィスでのコミュニケーションを円滑にするためにも、ティーサーバーの存在は欠かせません。しかし設置するにはコストがかかるため、レンタル製品を活用するなど工夫が必要です。レンタルなら月額数千円から1万円程度で済むし、お試しで設置できるので何かとメリットが多いです。

ただし一口にティーサーバーといってもさまざまな機種があるので、カタログなどを取り寄せて、自分たちに合った機種を選ばなければなりません。さらに地球環境に配慮するためにも、ノンフロンタイプを採用する必要があります。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧