オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバを気に入ったらそのまま購入することも可能?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/25

レンタルティーサーバは、ヘアサロンやクリニック、旅行代理店、会社などの様々な場所に設置でき、手軽にお茶を飲める製品です。長年利用していくとレンタルティーサーバが便利で、気に入って購入を検討する人もいます。レンタルで利用した後に購入できるのかどうかは、契約をする会社によって異なります。

レンタルティーサーバは買取も可能

レンタルティーサーバは、基本的には借りて使うものですが、会社によっては買取できるところもあります。使い勝手がよく、好きな時に好きなものを飲めるので買取を検討する人も少なくありません。購入する場合は、直接利用している会社に問い合わせるのが1番早い解決方法になります。

しかし、実際に自分で購入するとなると、月々のレンタル費用がかからないというメリットがある一方で、機器のトラブルが発生してしまった場合、実費での修理が必要になることが多いです。レンタルティーサーバを利用の場合は、各会社の手厚いサポートを受けることができるだけでなく、修理が必要な場合や定期的な点検を会社側が無償で行ってくれるところもたくさんあります。

購入をすることで長期的な利用で節約することができますが、安心して利用をしていきたいと考えている方はレンタルティーサーバの利用を検討するのがおすすめです。

レンタルティーサーバを使う利点

設置場所を選ぶことなく利用できるレンタルティーサーバですが、どのような利点があって利用を検討するのかという疑問があります。機械の種類によっても異なりますが、複数の飲み物を1つの機械から抽出することができるので、飽きることなく利用できます。

また、組み合わせを変えることによって、お茶以外にもコーヒーやスープ、スポーツドリンクなどを飲むこともできます。お茶はさっぱりしているので万人受けするものですが、飲み続けていくと飽きてしまいます。そんな時にはスープを利用することがおすすめです。

スープの場合、昼食の時に利用できるという利点以外にも、小腹が空いたときにも大きな利点があります。また、コーヒーはカフェインが豊富に含まれているので、どうしても眠くなってしまう昼食後にコーヒーを飲むことで、仕事の効率を上げていくことも可能になります。

実際に利用する場合の初期費用はどのくらいか

実際にレンタルティーサーバを利用しようか検討する際に気になるのが、どのくらいの初期費用がかかるのかです。レンタルティーサーバを利用する際にかかる基本的な初期費用は、契約をする際の事務手数料やサーバを設置するための設置費用、利用を開始する月の月額料金に加えて翌月の月額料金の支払いをする必要があります。

レンタルティーサーバですので、購入するときとは違い大きな金額を用意する必要がなく、手軽に利用を開始することが可能になります。

ティーサーバを扱う会社の中には、この初期費用が一切かからないという会社もあり、初期費用をかけたくないという方はそのような会社のものを使用するのがおすすめです。それ以外の費用には、サーバ対応の茶葉や粉末のお茶、パックのお茶などを購入するための費用が必要になります。この費用は、どのくらいの量を必要とするか、何種類のお茶を利用するかによって変わってきます。

 

レンタルティーサーバを利用する利点はとてもたくさんありますが、1番の魅力はサーバを使うことで時間が節約できることです。飲み物を飲む際に買い出しに行く必要がなく、お客様にお茶を出す際にも自らが提供する必要がなくなります。利点が多いため購入を検討する人もいますが、実際のところレンタルの方がサポートも充実しているので利用価値が高いと考えられます。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧