オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーならティーメーカーよりもおいしく時短

公開日:2020/12/15  


オフィスにおいて、来客時のお茶出しは微妙に面倒な作業の一つです。こういった手助けをするための設備がティーサーバーですが、どのくらい便利なのでしょうか。

ティーサーバーの便利なところとは

ティーサーバーはレンタルしている会社が多くあるため、導入している会社も増えています。緑茶で考えると、ちょっと淹れようと思っただけでお湯を沸かして急須に茶葉を入れ、湯飲みに注ぐという作業が必要になります。

運ぶのにもお盆を使いますし、打ち合わせが終わったらそれを下げて洗わなければなりません。当たり前といえば当たり前ですが、それらの行ためが各自行うルールになっていた場合、多忙な社員が準備から片付けまで行わなければならず、少なからず業務に支障を来してしまいます。

これを楽にするのがティーサーバーで、少なくともお茶を淹れる部分はボタンひと押しで済むようになります。紙コップか湯飲みかで片付けの面倒さは変わりますが、紙コップなら捨てればよく、非常に効率的といえるでしょう。

熱いお茶と冷たいお茶に対応しているティーサーバーなら、夏場も気にする事なく利用できるため、ペットボトルを買っておいて使うという面倒な行ためも必要ないのです。

レンタルする事であらゆるサポートを受けられる

マシーンを使って手作業を簡略化するという目的なら、元からコーヒーメーカーやティーメーカーが存在しています。こういったマシーンはオフィスのような規模でなくても家庭でも使われているもので、いちいち手ですべて準備するよりは簡単になる家電として知られています。緑茶や紅茶に対応したティーメーカーも販売されており、オフィスで活用しているところも多いでしょう。

しかしレンタルティーサーバーはさらに上を行く便利さなのです。感覚としてはコピー機のレンタルに似ていて、レンタル会社がメンテナンスや補充などを担当してくれます。定期的に補充に来て、そのタイミングでおかしいところがないか、使い勝手に問題はないか確認してくれるのです。

ティーメーカーならば買い切りなのでそういったサービスは存在しません。ちょっとでもプロに話を聞いてくれるタイミングが多いのはありがたい話ですし、実際に何かあった場合にすぐ相談できるのは嬉しい話です。

高級なお茶を淹れやすく、量も多い

機能の充実さもティーサーバーのおすすめな理由の一つです。機械や値段にもよりますが、高級なティーサーバーなら高級茶葉などにも対応しており、来客時に驚かれるぐらいの高級感を出す事ができます。入れる茶葉を変える事で味も変えられますし、気分によって変えたり、客のグレードによって変えたりなども一応可能なため、とっておきの玉露を用意しておくといった事も可能です。

そしてもちろん淹れる時間もティーサーバーの方が早いのです。自動マシーンなので、ボタン一つで淹れてくれますし、そもそもマシーンのサイズが大きいので茶葉を入れられる量も抽出量もティーメーカーより多く、オフィスで使うのに適しているのです。

オフィスのサイズや社員数にもよりますが、もしティーメーカーかティーサーバーかを検討している人がいるのなら、ティーサーバーの方がティーメーカーやコーヒーメーカーより大規模オフィスに向いていて、維持の手間も格段に楽だという事を覚えておくとよいかもしれません。

 

給湯室にコーヒーメーカーがある会社は多いでしょうが、それの高級版としてティーサーバーを導入する企業も増えています。ちょっとした設備投資をしたいが、せっかくなら社員全員に恩恵があるものを、と考えている会社があれば、検討してみるのもよいかもしれません。