オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

ティーサーバーをレンタルするならサイズ選びに注意

公開日:2021/02/01  


レンタルティーサーバーは大変便利ですが、導入する際にはどのレンタル会社が良いのかや、どのサーバーを選んだらよいかで悩むのではないでしょうか。料金やサービス内容など比較点は多々ありますが、その中でもチェックしておく必要があるのがサーバーのサイズです。

幅や奥行きをチェックしておくことが大切

ティーサーバーを設置するとなればある程度のスペースが必要になってきますが、どの程度の幅と奥行きが必要になるのかは利用するレンタルティーサーバーにより大きな違いがあるので気をつけましょう。どんなに気に入ったティーサーバーか見つかっても設置できなければ意味がありません。

そのため事前に設置する予定の場所を測っておき、それに合っているサーバーから選ぶことがポイントとなってきます。パンフレットを見たりレンタル先に見に行くとそれほど大きくないと感じても、実際に設置しようとするとイメージよりもサイズが大きくて困るということは珍しくありません。

レンタルできるティーサーバーの平均的な横幅は、三百から四百ミリメートル程度の長さであり、横幅よりも奥行きのほうが長いタイプが一般的になっています。中にはひとまわり大きなサイズもあるので気をつけておかなくてはなりません。選ぶ際はサーバーの実寸よりも少し余裕があると設置しやすいということを覚えておくとよいでしょう。

ティーサーバーの高さにも注目しておく

横幅や奥行きよりも高さがあるものが一般的なティーサーバーであり、レンタルのサーバーにも当てはまることとなっています。しかし幅や奥行きはチェックしていても、高さはあまり気にしないという人が大半です。確かに天井までの間に遮るものが何もない場所に設置するケースが多く、そうなればとくに高さは気にする必要はないといえます。

しかし棚の内部など特殊な場所に設置しようと考えている場合には収納できる高さかという点は事前に確認しておくべきであり、測定もしておくようにしましょう。実際に置き場所の寸法を測っておくことで確実に利用できるサーバーのサイズを知ることができ、絞り込んで選べるようになります。

ティーサーバーは大きくわけると床上式と卓上式の二つの種類に分けることができます。床上タイプは直接床の上に置くので細長い形をしており、卓上タイプは台の上に置くので、床上タイプに比べるとサーバーの高さが抑えられているのも特徴の一つです。

注意しておくべきポイントについて

サイズが小さなティーサーバーはコンパクトなので、設置場所に困らなかったり邪魔になりにくいというメリットがあります。しかしサーバー自体のサイズが小さいと充分な量ができず、オフィスなど複数人で利用する場所に設置するには向いていないこともあるので気をつけましょう。

レンタルティーサーバーを設置する時にはマシンを設置できるスペースが充分あるか確認しておく必要があるのはもちろんのこと、周りには空間に余裕があるか確かめておくべきです。周りの空間に余裕があることにより、ティーを楽しむために必要なアイテムを置いておくことができるので便利です。

また一度レンタルすると契約期間はサーバーの変更ができないケースもあるので、事前にきちんと確かめておくようにしましょう。中にはお試しでレンタルできる期間を設けている会社も多いので、サイズをチェックしたり使い勝手の良し悪しを知るためにもまずはお試しで利用してみるのもひとつの手段です。

 

レンタルのティーサーバーを導入しようと考えている時には、レンタル料金や使い勝手の良し悪しや契約期間に注目して選ぶのは当然のことです。しかしサイズにも注目しておかないと、設置できず悩むことになりかねないので気をつけましょう。