オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーの給水タンクはどのくらい入る?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/22

さまざまな種類のドリンクを、いつでも気軽に楽しみたいときは、ティーサーバーの利用をおすすめします。購入すると数十万円するような機器ですが、レンタルならば5,000円程度から導入ができるので、費用的にも気軽だといえるでしょう。そして快適に使うために、最初に給水タンクの容量をしっかりと調べてみることをおすすめします。

ティーサーバーによって容量は異なるので注意

ティーサーバーというのは、多くのメーカーが製造している機器で規格が決まっているわけではありません。規格がないということは、それぞれのメーカーが販売する機器の給水タンクの容量が異なっています。

例えば、6リットル程度しか入らないものもあれば、15リットルも入るような機器もあるので選定するときには気をつけましょう。容量が2倍ならば、給水する手間は半分になるので、そのようなポイントもきちんと考えて選ばなければいけません。

もちろん利用する人数が少ないのなら、大容量は必要ないため、小容量の機器を選んでも大丈夫でしょう。自身が使う環境によって必要となる水の量は異なるので、しっかりと把握したうえで契約すれば快適な利用ができます。

公式ホームページでスペックをチェック

ティーサーバーの給水タンクの容量を知りたいのなら、レンタル業者が運営する公式ホームページを訪れてみましょう。そこには、取り扱い機器のラインナップを紹介するコンテンツが用意されていることが多いので、給水タンクの容量を確認できる可能性が高いです。

しかし、機器のおすすめポイントの紹介ばかりに力を入れていて、容量が説明されていなかったりどこに載っているのか分かりにくかったりするケースもあります。そのときは機器の製造元のホームページを訪れてみましょう。

レンタル会社のラインナップを紹介するコンテンツには、ほぼ間違いなくティーサーバーの型番が掲載されています。それをインターネットで検索すると、スムーズに製造元の公式ホームページを見つけられるでしょう。

ただし、まったく関係ないところばかりヒットする可能性もあるので、型番に加えて、ティーサーバーというワードも付け加えたほうがよいです。

製造元の公式ホームページならば、より詳しいスペックの情報が載っているので、給水タンクの容量についても調べてみましょう。しっかりと何リットル入るのか分かるため、自身の環境でうまく活用できるかハッキリとさせられます。

どのくらいの容量が必要なのか知りたい場合

給水タンクの容量の調べ方が分かったのなら、次は自分の環境ではどのくらい必要なのか把握しなければいけません。しかし、初めてティーサーバーを導入する場合は、推測するのが難しいでしょう。

そのときは、レンタル会社に相談して環境に合ったものを選んでもらうことをおすすめします。これまでたくさんのところにティーサーバーを設置してきたレンタル会社ならば、自分の環境を伝えれば、ピッタリな給水タンクの容量を教えてくれるはずです。

 

ティーサーバーの給水タンクの容量は、機器によって倍近く異なる場合があるので、契約するものを選定するときにはチェックしなければいけません。レンタル会社や製造会社の公式ホームページでスペック情報を確認すれば分かるため、具体的に何リットル入るのかきちんと調べておきましょう。

もちろん、水が入る容量だけで機器を選んでは失敗する可能性もあるので、そのほかのスペックも考慮して、レンタルするティーサーバーを選ぶことをおすすめします。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧