オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバー導入のコスト面での利点

公開日:2019/01/01  最終更新日:2019/01/15

オフィスの休憩や気分転換には欠かすことができないレンタルティーサーバーですが、コスト面で導入を迷っている会社も多いのではないでしょうか。

今回は導入を躊躇している会社に対して、コスト面においてどのような利点があるのかについて解説します。

メリットが多いので、それが導入の決め手になることでしょう。

 

レンタルティーサーバーの初期費用のコストダウン

レンタルティーサーバーは初期費用を削減して導入のコストカットをすることに大変効果があります。

購入する方法もありますが、どれくらいの期間使用するのか、メンテンナンスなどの費用を考えた場合、新しい機種を契約ごとに更新しながらレンタルする方が必要経費を抑えることにつなげることができるのです。

設置場所やオフィスの規模によって機種が変わってくることから、環境に見合ったティーサーバーをレンタルすることをおすすめします。

初期費用として必要なのは、ディスペンサーや浄水カートリッジです。

レンタルであれば、機器にかかる費用を最小限に抑えることができ、また、業者によっては契約内容により機器は無料で貸出を行っているところも少なくありません。

レンタルに際しては設置費用が含まれている所も多いので、契約内容を十分に検討してコストに見合ったサービスを得ることができるかについて十分な検討を行う必要があります。

多くの企業でティーサーバーが導入されている背景には、社内の仕事の円滑化などを目的として実施されています。

 

メンテナンス費用を削減することが可能

レンタルティーサーバーには、費用の中にメンテナンスにかかる費用が含まれています。

そのため、別途メンテナンス費用を捻出する必要がなく、故障や定期的な清掃などに業者が来てくれるので、安心して使い続けることができます。

ほとんどの業者では、月に1回程度の清掃サービスを実施しているため、いつも清潔に保たれたサーバーを利用することが可能です。

契約内容には保守点検が含まれている業者もあるため、そういった場合には定期的にサーバーの点検も実施してくれるため安心です。

レンタルティーサーバーの利用に当たっては、はじめの契約の際にさまざまな内容が盛り込まれているので、その内容をしっかりと確認して用途にあったサーバーやサービスを選ぶようにすることをおすすめします。

大きな会社のフロアで利用する際には、一度に大量のドリンクを作ることができる機能がついているサーバーも充実していることから、そういった機種の選定も環境や使い方を考慮した上で導入を検討されることをおすすめします。

さまざまな種類のフレーバーも充実しているので、好みの味を選ぶこともできます。

 

長期で利用する場合は始めから買い取りがオススメ

長期でティーサーバーを利用する予定の場合には、レンタルするよりもマシンそのものを購入し、オプションとして月々のメンテナンスサービスを利用したほうが結果的にランニングコストを抑制することに繋がる場合があります。

次々と更新される新しいサーバーをその都度取り替えて利用する予定があるのであれば、購入の必要性は感じられません。

しかしながら、同じ機種のマシンを長期間に渡って利用したいとお考えの会社などの場合には、機器の購入を検討することをおすすめします。

オプションではメンテナンスや清掃にかかる費用が含まれているので、都合に合わせてオプションサービスを変えることで安く導入することに繋がるのです。

ティーサーバーを賢く使用するためには、まずは無料のレンタルサービスを利用してみて、オフィスの環境や規模に合わせて購入を決めることをおすすめします。

ほとんどの業者では無料のレンタルサービスを実施していることから、まずは無料でレンタルしてみてから購入を検討することでオフィスに最適なティーサーバーを選ぶことができるでしょう

 

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧