オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

仕事中に飲むのがおすすめのドリンクとそれぞれの効能について解説!

公開日:2022/11/15  


仕事中にどの飲み物を飲めばよいのか知りたい人に、今回の記事はおすすめです。仕事の時間は1日の中でも大半を占めるので、可能であれば健康的な飲み物で、仕事の生産性も高められるものを知りたいと考えている人が多いでしょう。今回はオフィスでよく飲まれている飲み物を中心に紹介するので、ぜひ参考にしてください。

紅茶

紅茶はコーヒーが苦手な人も楽しめます。ハーブティーやカモミールティーなどは香りも楽しめるので女性に人気です。

カフェインで集中力がアップする

ティーバッグで自分好みの味を楽しめます。リラックス効果もあるので好んで飲んでいる人が多く、コーヒーが苦手な人も楽しめるようになっています。また、紅茶には適度にカフェインも含まれているので、脳を覚醒させる作用があります。そして、カテキンやポリフェノールも含まれているのが特徴です。適量を摂取することで、成人病予防の効果が期待できます。自分の体型や体格に応じて適切な摂取量を飲んで、楽しみながら健康になりましょう。

コーヒー

コーヒーを飲むのが始業前のルーティンとなっている人もいます。もうひと踏ん張りしたいときに力が湧いてくるので飲んでみましょう。

カフェインで集中力がアップする

脳を覚醒させる作用があります。仕事前に飲んで体のスイッチを切り替える人もいるでしょう。自分の体型や体格に応じてカフェインの摂取量を計算できるので、適度にカフェインを補充して集中力をアップさせましょう。最近では日本のオフィスでも、昼寝の前にコーヒーを飲むコーヒーナップが実践されるようになっています。カフェインの覚醒作用を利用した取り組みで、昼寝して20分が経過した頃にカフェインの覚醒作用で目が覚めやすくなります。昼寝から目が覚めたときに再度カフェインを摂取することで、覚醒状態を持続できます。

お茶

コーヒーや紅茶の次によく飲まれています。日本人に馴染みのある飲み物なので、自分に合っているのでしょう。

緑茶

カテキンやビタミンCが多く含まれています。がん予防や美肌効果があるといわれています。また、食事中に一緒に飲むこともできるので、自宅からマイボトルでお茶を持ってくる人も多いでしょう。コーヒーや紅茶はオフィスのティーサーバーなどで楽しんで、食事中や喉を潤したいときはお茶を楽しむ人もいます。

麦茶

汗が多く出る季節に好んで飲んでいる人が多いでしょう。麦茶にはミネラルが豊富に含まれているので、こむら返りや筋肉の痙攣を予防できます。汗と一緒に流れるミネラルを補充することで熱中症予防にもなります。スポーツドリンクも熱中症予防に有効ですが、塩分だけではなく糖分も含まれているので、医師から糖分の摂取量を控えるように指示されている人や、飲みやすくて0kcalの飲み物が好きな人におすすめです。

ミネラルウォーター・炭酸水

ミネラルウォーターや炭酸水はコーヒーやお茶の次によく飲まれています。0kcalなのでダイエット中の人にもおすすめです。日本人の味覚に合うのは軟水や超軟水なので、自分に合ったものを選択しましょう。

ミネラルウォーター

水道水よりもミネラルの含有量が多いのが特徴です。女性の鉄分不足の解消にも有効でしょう。

炭酸水

疲労回復効果があるといわれています。また、ダイエット中に空腹を満たす飲み物としても有効です。

フレーバーウォーター

自家製のフレーバーウォーターは、市販されているものよりも砂糖の使用量を控えられます。自分の好きなフルーツなどをミネラルウォーターに入れて味と香りを楽しめます。

まとめ

オフィスでは飲み物の指定はありませんが、できる限り仕事の生産性を高められる飲み物を選択しましょう。また、準備に手間がかかってしまうと仕事の手が止まってしまうのでかえって非効率になります。ティーバッグやサーバーなどで手軽に楽しめるものを選択しましょう。そして、同僚と飲み物について意見交換すると、新たな飲み物の楽しみ方を知ることができるのでおすすめです。