オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

同時に複数淹れられるレンタルティーサーバーはある?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/27

ティーサーバーをレンタルする場合、多くの人が利用する場所に設置しやすいのが、複数の種類の飲み物を同時に淹れることができるタイプのサーバーです。ここでは、こうしたタイプのサーバーの機能について紹介します。

複数の種類の飲み物を淹れられるティーサーバー

レンタルで利用できるティーサーバーに多いのが、1つの種類のお茶だけを淹れることができるタイプのものです。こうしたタイプのサーバーはサイズも大きくないので、どこにでも設置しやすい利点があります。

ですが、特定の種類の飲み物しか利用できないために、飲み物の好みが分かれている人が利用する場所に設置する場合、複数のサーバーを設置する必要があります。その分、サーバーを置くための広いスペースを確保する必要もありますが、そうしたスペースの問題を解決できるタイプのサーバーもあります。

それが、一つのサーバーで複数の種類の飲み物を同時に淹れることができるタイプのもので、飲み物の好みが分かれている人が一緒に働いている職場などにも導入しやすい設備です。このタイプのティーサーバーは複数の飲み物を製造して、保存しておくための設備が備わっているために、利用者の好みに合わせて、好きな飲み物を選んで淹れることができます。

好きな飲み物を作れるティーサーバー

複数の飲み物を同時に淹れることができるタイプのティーサーバーでは、さまざまなタイプの飲み物を作ることができます。通常の日本茶だけでなく、紅茶や麦茶などさまざまなタイプのお茶を作ることができます。お茶の葉を変えれば、玄米茶やウーロン茶などを淹れることができるサーバーもあるので、一台で好きなお茶を自由に淹れることができるのが、こうしたタイプのサーバーのメリットです。

複数の種類の飲み物を淹れることができるティーサーバーの中には、お茶だけでなく、コーヒーを淹れることができるタイプのものもあります。こうしたタイプのサーバーでは、お茶を作って保存しておく場所と、コーヒーを作って保存しておく場所がそれぞれ分けられているために、互いに味に影響を与えることなく、それぞれの飲み物を利用できます。お茶やコーヒーを作るために利用されるミネラルウォーターを、そのまま淹れることができるタイプのサーバーもあるので、ちょっと水が飲みたい場合にも利用しやすい設備です。

温度の調節もできるティーサーバー

複数の種類の飲み物を同時に淹れることができるティーサーバーの中には、飲み物の種類だけでなく、温度も選ぶことができるタイプのものもあります。日本茶を淹れる場合でも、冷たいものと温かいものを同時に淹れることができるタイプのサーバーもあるので、利用者は好みの温度の日本茶を飲むことができます。

熱いお茶を保存しておくための設備と、お茶を冷やしておくための設備がこうしたサーバーには同時に備わっているために、熱いお茶と冷たいお茶を同時に淹れることが可能になっています。このタイプのティーサーバーはその分、サーバーのサイズも大きいものが多いですが、サーバーを設置する十分なスペースがある施設ならば、非常に利用しやすい設備です。

冷却と保温を切り替えることができるタイプのサーバーもあり、季節に合わせて温度を調節することができるので、気温の上昇する夏場などは、冷却機能を多く利用することで、複数の冷たい飲み物を同時に淹れることができます。

 

複数の種類の飲み物を淹れることができるティーサーバーは、好きな飲み物を利用者が自由に選ぶことができるので、多くの人が利用する場所にも設置しやすい設備です。日本茶や紅茶などの一般的なお茶だけでなく、麦茶やウーロン茶なども一緒に作ってストックしておくことができます。コーヒーを一緒に作れるティーサーバーもあり、幅広い好みの人に対応できる設備です。保温機能を利用すれば、温度の違う飲み物を同時に淹れることもできます。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧