オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

ティーサーバーをレンタルする際の準備するものは?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/03/11

ティーサーバーはウォーターサーバーなどとは違い、飲み物の種類も選び放題だと言えるでしょう。

飲み物に合わせた準備や、設置場所に合わせてなど、レンタルする前に最終確認しておきましょう。

 

飲み物を入れるためのカップを準備

レンタルできるティーサーバーのメリットは料金が安いこと、ケアの手間があまりかからない点でしょう。

また、オフィスレイアウトにも貢献できるようで、スタイリッシュなデザインも評価されています。

イベントなどによる一定期間のレンタルや、メンテナンスに手間をかけたくないのならレンタルでの導入がおすすめされています。

ちなみに設置費用がかかることもあるので、ティーサーバーをレンタルする際、どのような準備が必要なのかを確認しなければなりません。

例えばドリンクを入れるためのコップ、特に来客用に導入する場合は使い捨てが便利です。

サッとお茶や紅茶を入れて出すことができます。

オフィスでなら、社員向けに導入するでしょうから、効率化を考えるとマグカップを用意しておきましょう。

飲んだらゴミ箱へ捨てるだけの紙コップなら専用のゴミ箱も必要です。

ちなみにホットで飲むのなら、ダンボールカバーのスリーブ、プラスチック製のカップホルダーがあれば、持ち手も熱くなりません。

 

どんな飲み物が好みであるのかヒアリング

ティーサーバーをレンタルする場合、茶葉代が含まれておらず、一定以上の茶葉を定期的に購入する場合は月額の利用料を無料にするサービスもあるようです。

こうした内容を上手く活用するのも手の内ではないでしょうか。

紙コップとインサートカップなら8円から、ホルダーは100円程度から購入しますが、これらを準備することが億劫ならば、メーカーでも同時購入できますので活用してみましょう。

緑茶やほうじ茶、紅茶や珈琲など、様々なフレーバーを選べる機種もあります。

オフィスでは社員のやる気アップのためになるブレイクタイムも欠かせないものだからこそ緑茶に珈琲、ジャスミンティーなどのフレーバーを選べるティーサーバーならば、各種準備しておきましょう。

価格相場は異なりますが、粉末タイプの煎茶は3円からで、一定の粉末だけすぐに消費することもあるので、社員向けに導入するのなら好みをヒアリングしておきましょう。

 

どこに設置するのかを事前に確認する

ティーサーバーをレンタルする際、もっとも確認しておくべきは設置スペースです。

もちろん卓上タイプもレンタル可能ですが、それでも最小限の場所の確保が必要です。

卓上であれば、コップや砂糖類を置くスペースも必要になる場合もあり、収納できるケースや棚などのアイテムも準備しなければならない可能性もあるでしょう。

ちなみに飲み物の補充、清掃などの作業を誰が担うのか、係りを決めることも必要なようです。

特に茶葉タイプであれば、茶殻も出るので手入れも面倒になります。

レンタルならば、こうしたデメリットも判断材料にできるので、リースや購入して失敗することも少ないようです。

手入れが簡単なティーサーバーを選ぶこともポイントでしょう。

 

近年、多くの企業がティーサーバーを導入しているようですが、レンタルする際の準備は怠れません。

せっかく導入し、設置にこぎ着けても、飲むことができない可能性もあります。

何が必要であるのか、どこのスペースに配置するのかなどの事前の確認は必須となります。

 

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧