オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

ティーサーバーで糖尿病を予防できる!?健康によいお茶とは

公開日:2023/09/15  

近年では、健康効果が期待できるとしてお茶が推奨されています。なかでも糖尿病は、とても怖い病気のひとつです。しかし、日頃からお茶を飲むことによって、生活習慣病を予防することが可能です。ティーサーバーなどにお茶を入れて、手軽に飲めるようにしておくとよいでしょう。今回は、お茶と糖尿病の関係について説明します。

お茶を飲むことで血糖値の上昇を抑えられる

皆さんは普段、どのようなお茶を飲んでいるでしょうか。コンビニエンスストアやスーパーなどで飲料水を選ぶなら、血糖値の上昇をおさえるお茶がおすすめです。

じつは、お茶を飲むことで、血糖値の上昇がおさえられます。なかでもおすすめなのは、緑茶・烏龍茶・ほうじ茶・桑の葉茶・そして麦茶です

たとえば、子どもでも飲みやすい麦茶の成分には、カリウム・カルシウム・ナトリウム・リン・亜鉛などが含まれています。また、アルキルピラジンという成分も含まれているため、血流改善や代謝アップの作用があります。

ほかにも、ミネラルも多く含まれているため、スポーツの後の水分補給にもおすすめのお茶です。血糖値の上昇をおさえたい方は、緑茶や烏龍茶、麦茶など砂糖が含まれていないお茶を選ぶことをおすすめします。

また、桑の葉茶を飲むことによって、糖質を分解するDNJ(デオキシノジリマイシン)が含まれているため、血糖値が気になっている方こそ、桑の葉茶を積極的に飲まれるとよいでしょう。

糖尿病を予防できる飲み物とは

糖尿病とは、血糖値が異常に高くなってしまう現代病の典型といってよいでしょう。多くの要因として、過食やアルコールの過度の摂取、また、運動不足といわれています。

一番怖いのが合併症を併発してしまうことです。とくに、心筋梗塞や脳梗塞などの血管による合併症は、命にかかわります。日本での死因の半分以上が、生活習慣病が関係していることがわかっています。

そのため、普段から予防をすることが大切です。長年の研究によって、緑茶には糖尿病を予防する効果があることが報告されています

たとえば、毎日緑茶を飲み続けている方と、緑茶を週に1杯未満しか飲まない人と比べると、2型糖尿病の発症リスクが30%以上も低下したことがわかっています。

血圧を下げ、LDL-コレステロールを下げることも、糖尿病を予防できるお茶といわれています。そして、緑茶を飲むことで肥満のリスクが下がります。もちろんですが、すべての研究で緑茶は改善されているとは限りませんが、さらなる研究が期待されてます。

糖尿病になりやすくなる飲み物

ゴクゴクと甘い飲み物を一気に飲み干す方もいるでしょう。果糖がたっぷりのオレンジジュースやお砂糖がたっぷりの炭酸飲料を飲むことによって、血糖値に与える影響は大きいです。

たとえば、コーラ1本(500ml)の中には、角砂糖10~16個分相当が入っています。そのため、飲み物の糖分によって、急激に血糖値を上昇させてしまいます。普段の生活では、果糖の多いジュースや甘い清涼飲料水は控えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ティーサーバーに緑茶や烏龍茶、また、麦茶を普段から飲めるようにしておくと、糖尿病を予防できます。健康によいお茶とは、血糖値を急激に上昇させないことや血液中のコレステロールの低下をさせることです。なかでも、緑茶は血中コレステロールの低下・血圧上昇抑制・体脂肪低下作用・血糖値を下げる効果が期待できます。

高血圧の方は、積極的に飲まれるとよいでしょう。逆に糖尿病になりやすい飲み物は、果糖がたっぷりのジュースや砂糖がたっぷりのコーラです。糖尿病を予防できる飲み物を積極的に飲んでください。若々しく健康的な方は、とても魅力的です。ぜひ、日頃から意識しながら健康によいお茶を選びましょう。