オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーにあると便利な機能とは

公開日:2021/02/01  


いつでも気軽にお茶やお水が飲めるレンタルティーサーバーが、今多くの職場や自宅で人気となっています。レンタルティーサーバーといってもメーカー・機種によってさまざまで、それぞれ機能も違っていますが、どんな機種を選ぶのがベストなのでしょうか?どんな便利な機能があるのかを紹介していきます。

高機能フィルターによる安全性の高い浄水

まず重要なポイントの一つに安全性が挙げられます。普通にお水を飲むのでしたら、水道から汲んでそのまま飲めばよいでしょう。しかしせっかくレンタルティーサーバーを置くのでしたら、体に入れるものですし、安全性の高さに注目していただきたいです。

多くの機種には高機能フィルターが取り付けられていますが、これは水道水に直結している機種が多いためで、不純物を取り除く効果があります。浄水場ではもちろんしっかり安全にろ過されますが、フィルターにより、さらに高いレベルで不純物を取り除くことが可能です。

飲食店でも使われることが多いレンタルティーサーバーですから、当然商品として出せるレベルのろ過が求められています。機種によってフィルターの精度は大きく異なるのですが、一般的にティーサーバーの評価は浄化性能の高さで左右される、というほど重要なポイントです。

通称ピュアウォーターといって、ボトリングされたものを利用するタイプもあります。工場で特別にろ過しているので、不純物がほぼ完璧に取り除かれています。シチュエーションによって、より便利なタイプを選ぶとよいでしょう。

たくさんの種類のお茶やコーヒーが選べる

飲めるお茶のバリエーションが多いというのも重視したいポイントです。ティーサーバーと呼ばれるくらいですから、まずメインとなるのが緑茶です。お客様にお出ししたり、ランチのお供にしたりと非常に活躍する場面の多いスタンダードなドリンクになります。

緑茶のほかに、とくにニーズの高いドリンクがコーヒーでしょう。日本でも多くの職場でコーヒーを飲む方は多いことと思いますが、実際に緑茶とコーヒーについてはサーバーでも備え付けられていることが多いです。

たとえば暑い時期には麦茶の人気が高いですが、コールドとホットがいつでも飲める機能は非常に心強いです。アイスティーなど、より涼しく快適に仕事をする際にありがたく感じる方は多いのではないでしょうか。

コーヒーであれば、薄め・濃いめを自由に選べるタイプの機種もあります。豆の違いや生産国などさまざまな要素がありますが、それ以外にもメーカーを重視する方は多いはずです。メーカーごとに違う味を選べて楽しめる機種は便利ですし、そういったこだわりたい方に喜ばれます。

給水が静かで仕事の邪魔をしない

冷蔵庫や加湿器など常に稼働するタイプの家電では、できるだけ静かなものがいいというユーザーも多いことでしょう。ティーサーバーであってもこれは同じです。常に水を温めたり、冷やしたりするので一日中稼働することになります。

稼働音が静かなほうが、職場ならより仕事に集中しやすいですし、大事な会議を開く際に邪魔をしないというのは大きなメリットです。他にもコーヒーを抽出する際、非常に大きな音を立ててしまうのでは?と気になってしまう方はぜひ静音機能のものを選びましょう。

ここで考えておきたいポイントが待機電力です。音が静かということは、あまりエネルギーを使わない、というイメージはありませんか?

確かにエネルギーを使わないということは、消費電力がそれだけ少ないということです。浮いた維持費の分、メンテナンスやサポートの充実にこだわる、という考え方もできます。緑茶や紅茶などは、疲れた際リラックスさせてくれるドリンクです。よりストレスを与えないことはティーサーバーを選ぶ際に、重要なポイントになってきます。

 

機能といっても解説してきた通り、さまざまな種類があるのですが、職場や自宅にとってどんな機能があれば便利か?を考えることが大事です。浄水性能に優れた機種、お茶の種類が豊富な機種などさまざまあります。あなたにとって必要な機能があり、ニーズを満たしてくれるティーサーバーを設置することが大切です。