オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーでお茶以外の飲み物を飲むことができる?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/17

ティーサーバーをレンタルして導入したら、お茶しか飲めないのかと疑問に思う人もいるかもしれません。お茶以外を飲みたいときにも使えたら便利なのは確かでしょう。コーヒーなどの他の飲み物もいれられるサーバーはあるのでしょうか。

 

業者によっては他のものにも対応している

ティーサーバーはお茶を淹れるためのものと考えている人も多いでしょう。確かに大半のティーサーバーは煎茶などの緑茶を淹れるのをメインに考えて作られています。レンタルするときにも煎茶にしか対応していないケースもありますが、色々な業者のサービスを比較検討してみると意外な事実がわかります。

まず、緑茶だけでなくほうじ茶や紅茶なども飲めるものが見つかるでしょう。人気のある健康茶やハーブティーなどにも対応しているティーサーバーを取り扱っている業者もあります。

さらに調べてみるとコーヒーなどのお茶以外のものも使えるサーバーをレンタルできる業者もあるとわかるでしょう。様々な種類の飲み物を利用できるティーサーバーは粉末を利用する仕組みになっているものが多くなっています。

このようなサーバーを選べばお茶が飲めない人がいるところでもレンタルする意義があると言えるでしょう。

 

対応している飲み物の幅も広い

どのような飲み物が対応しているのかが気になるかもしれません。お茶だけでも何十もの種類に対応しているサーバーもありますが、それ以外についてもバリエーションは豊富です。典型的なのはコーヒーで、インスタントコーヒーの粉と同じものを使える仕組みになっているサーバーが多くなっています。

また、スープもティーサーバーで淹れることが可能です。スープもインスタントスープが世の中に出回っていることを考えると、同じようにしていれられるとわかるでしょう。オニオンスープなどの手軽なスープをいつでも簡単に飲めるようになっています。スープと類似しているものとして味噌汁も挙げられます。

味噌汁の場合にはフリーズドライされた味噌を使っているのが通例で、数種類の味噌汁を取り扱っている業者もあるので飽きずに毎日でも飲めるでしょう。このように基本的にはよく溶ける粉末を溶かして飲み物にできるならティーサーバーで提供することが可能です。

だんだんと飲み物のラインナップも増えてきているので、レンタルしようと考えたときにはどんなものを飲めるかを適宜確認してみましょう。

 

コストパフォーマンスを考えるのが大切

様々な飲み物に対応しているティーサーバーは魅力的ですが、コストパフォーマンスを考えて選ぶことも重要になります。一台で数種類の飲み物を出せる仕組みになっている場合が多いですが、その種類を増やすほどサーバーのレンタル料金が高くなるのが一般的です。

また、時々中身を入れ替えて別の飲み物を飲めるようにしようと考えると、何種類もの飲み物をストックしておかなければなりません。どれを飲みたいかを予め決めてからコストパフォーマンスの高いサーバーを選んでレンタルするのが賢明と言えるでしょう。

ティーサーバーというとお茶を淹れるのを前提にしてしまいがちですが、お茶以外の飲み物だけにすることもできます。本当に飲みたいのはどれかをよく考えるのが大切です。

 

ティーサーバーはお茶を淹れるためだけのものではなく、コーヒーやスープ、味噌汁などの様々な飲み物に対応している機種もあります。業者によって取り扱っているかどうかが違うことに加え、機種によってセットできる飲み物の種類数にも違いがあるので気をつけましょう。

種類が多いほどレンタル料金が高くなるなどのデメリットも生じるので、コストパフォーマンスを考えて選ぶのが大切です。まずは飲み物のラインナップを見てみて、どれを本当に飲みたいのかを考えてから決めるようにしましょう。

 

 

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧