オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーの1ヶ月の電気代はどれくらいかかる?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/26

ティーサーバーの機器を購入しようとすると初期費用は高くつきますが、レンタルなら初期費用の負担も少なく、より気軽に導入できるようになります。

基本的には電源はいれたままになりますが毎月の電気代がいくらぐらいかかるかも知っておきたいところです。ここからはティーサーバーを設置した場合の維持費について書いていきます。

いつでも美味しいドリンクが楽しめる

従業員のモチベーションをアップさせるために、各企業ではさまざまな努力や工夫がおこなわれていますが美味しいお茶やコーヒーは精神的なリラックスやリフレッシュの効果もありますので、やる気アップにもつながります。

最近はコーヒーマシンを導入する企業も増えていますが、中にはコーヒーが苦手という人もいます。その点、日本茶や紅茶などのお茶ならコーヒーが苦手という人も安心です。お茶を茶葉からいれるとなると、手間もかかりますしいつでも同じ温度や濃度で提供するのは難しいものもあります。

その点、ティーサーバーならいつでも温度や濃度も一定していますので、安定した美味しさを楽しむことができます。来客の際にもすぐに飲料が提供できるのも便利です。緑茶やほうじ茶などの日本茶はもちろん、紅茶やカフェラテなども楽しめる機器もあります。

新品で機器を購入するとなると多くの費用も発生しますが、レンタルであればまとまった初期費用は必要ありませんし、不要になった場合は業者に返却できます。気軽に導入するならレンタルサービスに注目してみましょう。

電気代はどれぐらいかかるのかを確認

利益を上げていくためには、できるだけ余計なコストはカットしておきたいところですが特にオフィスでは電気代は気になるところです。ティーサーバーはとても便利な存在ですが、基本的にはずっと電源をいれっぱなしになります。

それゆえ、導入後はこれまでより多くの電気代がかかることになることは理解しておきましょう。気になる電気代は使用頻度や機器によっても違いはありますが月1000円~1300円程度と言われています。

導入後もそれほど大きく電気代が上がるというわけではありませんので安心して設置できるのではないでしょうか。電気代の負担はやや増えるものの市販のペットボトルや缶入り飲料と比較すると一杯あたりは数円程度と、ティーサーバーはかなり安くなります。

毎月のコストがどれぐらい発生するのか

ティーサーバーを導入すると電気代以外にもさまざまなコストが発生しますので、毎月どれぐらいの費用が必要なのかもチェックしておきましょう。まず、レンタルで導入した場合は毎月のレンタル料金が発生します。

レンタル費用は業者ごとに違いがありますので複数社で比較して相場を知っておくこともおすすめです。この他では茶葉やフレッシュ、シュガーなどが必要となることもありますし紙コップなど、消耗品購入の費用もあります。

さらに、良い状態で使い続けるためには定期的にメンテナンスや洗浄をおこなう必要もありますが、メンテナンスの費用がレンタル料金に含まれているのか、別途発生するのかも確認しておきたいところです。さらに、お茶をいれるときのお湯には水道水を使うのか専用の水を使うのかも調べておきましょう。

 

レンタルティーサーバーを導入する方法では、初期費用を抑えるのであればレンタルでの利用も考えてみましょう。基本的に電源はいれっぱなしになりますので、電気代も気になるところですが一般的には1000円前後とされており、光熱費の負担が大きくなると心配はありません。

この他の維持費についても確認しておきたいところですが、毎月発生する金額としてはサーバーのレンタル料金や茶葉や紙コップなどの購入費などが発生します。メンテナンスの料金が含まれているのかも確認しておきましょう。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧