オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

ティーサーバーのお茶が劣化してしまう原因を知ろう

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/20

ティーサーバーをレンタルしているときにお茶の味がだんだんと悪くなってきてしまうことがあります。お茶が劣化してしまう原因は一体どこにあるのでしょうか。代表的な原因と品質を維持するための方法を知っておきましょう。

 

お茶の劣化の三大原因を知っておこう

 

お茶の風味が悪くなったり、味わいが変化してしまったりする原因として代表的なものが三つあります。一般的にお茶は酸化されやすい物質を多く含んでいるため空気に触れて酸化が進んでしまうと味落ちしてしまうことになります。

市販のお茶はしばしば不活性ガスを封入したり、真空パックにしたりして販売されていますが、これは酸化を防ぐのが主な目的です。次に挙げられるのは紫外線が原因の劣化です。主に太陽の光に含まれている紫外線が品質低下を引き起こします。強い紫外線はお茶の中に含まれている成分を変化させてしまうからです。中には体にあまり良い影響がない物質に変わってしまう成分もあるので注意が必要でしょう。

最後に香りが落ちてきてしまうのも原因の一つとして挙げられます。香りの成分は揮発性が高いので、時間の経過とともに少しずつ空気中に出て行ってしまうのです。また、劣化とは違うものの、味が変化する理由としてこの他にも発酵の影響があります。生の茶葉を利用している場合には特に発酵が進んでしまって味が変化することがよくあるのです。

ただ、ティーサーバー用のお茶は長期保存をする可能性が高いことを考慮し、発酵が起こらないように殺菌処理などをしてあることも珍しくありません。また、世の中には発酵によって味わい深くしているお茶もあるので、一概にお茶を美味しくなくしてしまう原因になるとは言えないでしょう。

 

保存するときの基本的な対策とは

 

ティーサーバーのお茶の品質を、できるだけ買った当初の状態で維持するためには保存方法の工夫が必要です。高温多湿と直射日光を避けて保存することが推奨されている場合がほとんどですが、まずはそれが基本だと考えましょう。

温度が高いと酸化や紫外線による影響も大きく受けやすく、揮発性の香料成分も飛んで行ってしまいやすくなります。湿度が高いと雑菌が繁殖しやすいため、発酵するどころか腐敗するリスクも生じるのです。この点を考慮するとより好ましいのは冷凍保存する方法です。

冷蔵保存でも効果はあり、少しでも低い温度で光も当たらないようにしておけば長く品質を保持できます。ただし、冷蔵庫や冷凍庫は他のものから香りが移ってしまいやすいというデメリットもあるので、しっかりと密封した状態で保存することが大切です。

 

パウダーのものは劣化が進行しにくい

 

ティーサーバーの場合には茶葉を使っているものも多いですが、パウダーにしたお茶を使用しているものもあります。お茶の劣化がきになる場合にはパウダーのお茶を使うサーバーを選ぶのも良い方法です。茶葉そのものに比べると加工されている粉茶の方が劣化は進行しにくいからです。酸化や紫外線の影響は受けてしまいますが、製法によっては香りが落ちにくくなっていることもあります。また、湿気で固まってしまうこともあるのは確かでしょう。それでも風味にはあまり変化が生じないのが一般的です。

 

ティーサーバーをレンタルして使うときにはお茶が劣化してしまうのを防ぐ意識が必要です。お茶が劣化してしまう三大原因として知られているのが酸化、紫外線、香り成分の揮発です。これらを防ぐためには高温多湿と直射日光を避けて保存するのが基本ですが、密封して冷凍庫や冷蔵庫に保存すればさらに長持ちするようになります。また、茶葉を使っているものよりもパウダーのお茶を使っているものの方がお茶の劣化を気にせずに済みます。ティーサーバーをレンタルするときには品質保持のしやすさも考慮して選ぶのが大切です。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧