オフィスにティーサーバーや給茶機(お茶)をレンタルしたい方におすすめ!人気業者を比較ランキングでご紹介!

レンタルティーサーバーの耐用年数はどのくらい?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/12/02


お客さんがよく来る会社などでは、レンタルティーサーバーを借りることも少なくないでしょう。また、お店にもティーサーバーがあると非常に便利です。従業員等も利用できるとすれば、かなり便利なことは言うまでもありません。もしレンタルする場合は耐用年数がどれぐらいになるか知っておきたいところです。

どれぐらいまで長持ちするものなのか

レンタルティーサーバーを借りる場合には、一体どれぐらい長持ちするのか気になるところでしょう。結論から言えば、早い場合は1年以内に壊れるようなこともあります。また、うまく使えば10年ぐらい使い続けることもできるでしょう。1年で壊れるパターンは不良品だった場合です。この場合には、業者に伝えて無料で取り替えてもらうべきです。

一方で、消耗度合いが激しい場合には3年から5年で耐用年数が切れる可能性があります。普通に利用している場合には、5年から10年の間が耐用年数と言えるでしょう。

少なくとも、日本製品のものがあれば品質はしっかりしているはずです。長きにわたって使い続けることを前提としており、毎日何度か利用したとしても5年以上は長持ちします。うまく使えば、10年位壊れずに使い続けることができるでしょう。

壊れた場合にはどうしたらいいか

レンタルティーサーバーの対応年数が5年から10年ほどになりますが、これが壊れるときには部分的に壊れる可能性が高いでしょう。つまり、1部分が壊れてしまったために、まだ壊れていない部分すら使えなくなるパターンが考えられます。この場合には、耐用年数以内ならば大抵無料で保障してくれます。もし意図的に壊した場合には、弁償になります。

耐用年数が5年程度と定められている場合には、5年以上使い続けると修理費用が業者持ちになる可能性がある一方で、借主が修理しなければならない場合もあり得ます。これに関しては、その契約内容によって大きく変わってくるでしょう。

大抵契約をする段階では、5年先のことまで考えておらず初期費用が安いと言った理由だけで契約をしてしまうものです。ですが、将来のことを考えて借りる場合には、5年後どのようになるかをよく考えながら契約書を見ておく必要があります。

もしこの段階でわからないことがあれば質問などをしてみましょう。うやむやにしておくよりも、わからないことは明確にしておいたほうが良いです。

耐用年数が長いところを選ぶコツ

普通通りに利用していても、壊れやすいところは比較的短い期間で壊れてしまうものです。対応年数が5年程度と定められている場合は、それほど頑丈なものとは言い切れないでしょう。

ところが、耐用年数がそれ以上の場合にはそれなりにしっかりとした設計になっている可能性があります。もし壊れにくいものを選ぶ場合には、業者同士でよく比較をしておく必要があります。

業者の比較をする場合には、口コミや評判などをよく見ておきましょう。あくまでホームページに書かれている内容は、業者の一方的な情報になるためそれだけでなく第三者の情報を大切にするべきです。

 

レンタルティーサーバーをお店単位や会社単位などで借りる場合は、どれぐらいの耐用年数になるか知っておいたほうが良いでしょう。比較的頑丈なところは10年位の耐用年数になるでしょう。

年数の長いほうが、業者の方が修理をしてくれる期間が長くなる可能性があります。耐用年数が過ぎてしまったものに関しては、自己負担になる可能性もありますが、業者のほうで修理をしてくれることもあるため事前に確認をしておくことが必要になります。

サイト内検索
ティーサーバーレンタルランキング
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
エームサービスの画像
第5位 FVジャパン
FVジャパンの画像
記事一覧